暗号化・トークナイゼーション Vormetric

トークナイゼーション

トークナイゼーション(Tokenization)は、カード番号などの原本データを、アルゴリズムを用いてランダムな文字列(無価値化)に置き換えます。また、復元する際は完全に元のデータに復元したり、指定した桁をマスキングすることができる高度な暗号技術です。

トークン化(無価値化)したデータは、原本データと1対1で結びつき、データベースには無価値化したデータを保存しますので、監査対象を縮小できるといったメリットがあります。
また、トークン化したデータはデータ形式と桁数を維持しますので、既存データベースの定義変更が不要です。

Thales e-Security社のトークナイゼーションは、既存アプリケーションとは REST API で連携し、ボルトレスなので非常に高速です。また、PCI SSC の「Tokenization Product Security Guidelines」に則った可逆の暗号化トークンを実装しており、決済システムなどに多数実績があります。

資料やカタログのダウンロードができます。