暗号化・トークナイゼーション Vormetric

匿名加工情報

匿名加工情報は、2017年5月30日に施行された個人情報保護法の改正により、新たに追加された項目です。個人情報を匿名加工し、復元できないように加工した情報をいい、匿名加工情報は個人情報に該当しないため、本人の同意なしで第三者提供が可能になりました。

企業や組織は、これまでビッグデータなどの利活用において、利用目的変更の都度同意を取得しなければならなく、法規制への対応が大きな妨げとなっていましたが、今後は匿名加工情報をもとにデータの利活用に向けた取組みを促進することができるようになりました。

Thales e-Security社のトークナイゼーションは、鍵管理サーバー(Data Security Manager)とトークナイゼーションサーバー(Vormetric Tokenization Server)で構成し、個人情報の保護対策は勿論、データ利活用にも使用できます。

資料やカタログのダウンロードができます。