ラベルプリンター機械部品製造業(現品票)

配送ミスや管理などラベルに関する悩みを解決しませんか?

比べてみてください!モノクロラベルとカラーラベルのコストを

キヤノンのラベルプリンターなら、モノクロラベルとほぼ同等な価格でカラーラベルの作成が可能です。今、貴社でお使いのラベルとも、ぜひ比較してみてください。

図:モノクロプリントとカラープリントのコスト比較。モノクロ合計2.48円、カラー合計2.54円とほぼ同等のコストパフォーマンス
コスト算出条件
サイズ:2×3インチ(47×76mm)、用紙種類:マット紙、ロット:7,200枚の場合、表示価格は、標準価格(税別)です。上記サンプルは、モノクロラベル、カラーラベルともにLX-P5500で出力しました。
  • 上記インクコストは、弊社測定(ドットカウント方式により算出)。

配送ミスや管理などラベルに関する悩みを解決しませんか?

課題

上記の課題は、キヤノンラベルプリンターシリーズとラベル発行ソリューションが解決します!

導入効果

作業内容、仕向地などにより色分けすることで、視認性を向上。
無地ラベルの使用で、プレ印刷ラベルは不要。サイズ別にラベルを用意するだけで版作成も不要。
無地ラベルの使用で、架け替え回数は最小限。また、インクジェット方式なので面倒なリボンのセットも不要。
必要なときに必要なだけラベルを発行できるので、廃棄するラベルが大幅に減ります。

従来と改善の比較

プリンター1台で複数のラベルの印刷が可能

無地の用紙にすべての要素を一度でフルカラー印刷できるため、プレ印刷ラベルが不要となります。また、色付きのプレ印刷ラベルロール紙を交換する手間も省くことができます。

従来のプレ印刷の場合:プレ印刷方式ではラベルの種類に応じて用紙を準備 ラベルプリンターの場合:無地の用紙にさまざまなデザインのラベル印刷が可能

ラベル在庫の削減でスペースを有効活用

これまでのプレ印刷の場合、あらかじめラベルの枠やカラー部分を印刷したプレ印刷ラベルを在庫する必要がありました。カラーラベルプリンターなら、無地のラベルだけを在庫すればよく、ラベルの在庫管理業務の負担を軽減できます。また、これまでのラベル在庫スペースを有効活用できるようになります。

従来のプレ印刷の場合:大量のプレ印刷ラベルを在庫 ラベルプリンターの場合:無地ラベルのみの在庫でOK。在庫管理業務が改善します。

作業工程の削減で納期を大幅短縮

これまでのプレ印刷方式でカラーラベルを作成するには多くの工程が必要でしたが、社内でデザインしてその場でプリントできるカラーラベルプリンターなら、納期を大幅に短縮して必要なときにすぐに使用できます。

モノクロラベルプリンターによるプレ印刷方式の場合:印刷会社に発注→デザイン制作→仮刷り・校正→印刷→ラベル納品→モノクロラベルプリンター→完成 キヤノン ラベルプリンターの場合:パソコンでデザイン制作→無地の用紙にプリント→完成(納期短縮工程削減)

機械部品製造業向けシステム構成例

図:機械部品製造業向けシステム構成例

関連商品

今なら プリントサンプル無料プレゼント実施中! 業種別プリントサンプルやカタログなどのお役立ち資料をお届けします。印字品位の確認にぜひご活用ください。
サンプル請求・導入のご相談はお気軽にご連絡ください。
このページのトップへ