ラベルプリンター高機能ラベル作成ソフトウエア BarTender特長

世界中で多くのユーザーに使用されているラベル作成ソフトウエアであるBarTender。キヤノン ラベルプリンターでも快適にご使用いただけます。

豊富なラベルデザイン支援機能

直感的なマウス動作、便利な「ウィザード」により、簡単にラベルデザインが作成可能です。上付き文字、段落番号、蛍光ペンなどの詳細な書式設定はもちろん、UNICODEも使用できます。

BarTenderの豊富なラベルデザイン作成機能

データベース連携

データベース接続設定アイコンをクリックし、ウィザードに従い、エクセルやCSVファイルを含むさまざまなデータベースと連携可能です。

BarTenderのデータベース連携機能

オリジナルの簡単な発行画面が作成可能

プロンプトデザインを使用するとかんたんな発行画面がすぐに作成できます。発行画面はラベル発行時に表示され、必要項目を入力すれば、その内容が反映されたラベルが発行されます。

レイヤー機能+条件印刷(Automation以上)

レイヤー機能と条件印刷機能を使用すると、データベース内の値を参照し、特定条件のときのみ印刷する設定が可能です。

例えば、静岡(青枠)、東京(黄枠)、愛知(赤枠)のレイヤーを用意し、データベース内の出荷先フィールドの「場所」を参照するように設定します。場所が一致した場合に、該当の色枠が設定されているレイヤーを使用して印刷することができます。

フォルダーを監視し、自動印刷の仕組みをかんたんに構築可能(Automation以上)

基幹システムからCSVファイルを指定したフォルダーに保存すると、自動で指定したラベルにデータを差し込みし、指定したプリンターに印刷することができます。

数多くのバーコードを生成可能

BarTenderはよく使われるJAN-13やCode 128、QR Codeはもちろん、数多くのバーコード、2次元コードをサポートしています。バーコードのバーとスペースのサイズを調整できる補正機能を搭載しているので、より高品質なバーコードが作成できます。

この続きは資料で確認!こちらからダウンロードできます。 上位システムとのデータ連携ができる!高機能ラベル作成ソフトウエア BarTenderご紹介資料 無料PDFをダウンロードする
このページのトップへ