ラベルプリンターラベル作成ソフト LabelCreateFAQ

Q:作成できるバーコードの種類は何ですか?
A:JAN-8 / JAN-13 / UPC-A / UPC-E / NW-7 / ITF / CODE39 / CODE128 / GS1-128 / GS1データバー / QRコード / MaxiCode / PDF417 / DataMatrix です。
Q:LabelCreate SE / LITEを複数台のパソコンにインストールして利用できますか?
A:1パッケージ1ライセンスにつき、1台のPCでのご利用となります。従いまして複数台のパソコンで作業をされる場合には、台数分のライセンスが必要です。
Q:Macに対応していますか?
A:Macには対応していません。Windows版のみのご用意となります。
Q:ExcelやCSVファイルなどのリストからの画像や文字の差込印刷はできますか?
A:可能です。
ExcelやCSVファイルから製品写真などの画像、製品名などのテキスト、バーコードなどのリストの差し込み印刷が可能です。
Q:フォントは何が使えますか?
A:お使いのパソコンにインストールされれている「TrueType / OpenTypeフォント」が使えます。
また、Unicode(UTF-16)に対応しているため、中国語・韓国語をはじめ、各国の言語に対応したフォントをお使いの場合も、表示印刷が可能です。
Q:旧ラベル作成ソフトウエア「ラベルPro-1」と互換性はありますか?
A:LabelCreate SEは、「ラベルPro-1」のデザインファイルを読み込むことが可能です。但し、完全互換ではないため、読み込み時には制限があります。
■ おもな読込制限
・文字や画像などの位置がずれる場合があります。
・OLEオブジェクトは削除されます。
・文字や画像などの位置がずれる場合があります。
・バーコードオブジェクトの文字列情報を破棄する場合があります。
詳細は「「ラベルPro-1」デザインファイルの読み込み制限について」をご参照ください。
Q:LabelCreate SE / LITEの使い方がわからないのですが?
A:お客様相談センターをご用意しています。また、Q&A検索ページで確認することも可能です。
Q:LabelCreate SEではなく、他のソフトウエアからでも印刷できますか?
A:印刷できます。
キヤノンラベルプリンターはWindows版プリンタードライバーで印刷するため、一般的なインクジェットプリンターなどと同様に、Excelやillustratorなどのソフトウエアからでも印刷可能です。
ただし、その他のソフトウエアをご利用の場合は、事前に検証をされてからのご導入をお勧め致します。
このページのトップへ