MB2130 | ユーザビリティ

プリントコストを低減「大容量&独立インクタンク」

気になるランニングコストの節約に。大容量インクタンクなら1枚当たりのプリント代がオトクになります。またインクタンクの交換頻度も少なくすむので、作業効率が高まります。さらに独立インクタンクなのでなくなった分だけ補充できるので経済的です。

図:大容量&独立インクタンク

A4普通紙インクコスト

大容量 モノクロ 約3.1円(税別)
カラー 約8.9円(税別)
標準 モノクロ 約4.2円(税別)
カラー 約12.1円(税別)
  • 測定原稿や測定方法などの詳細は、下記リンク「測定環境について」をクリックしてご確認ください。

スモールオフィスに適したスマートなデザイン

多彩な機能をコンパクトなボディに凝縮。機能性を保ちつつ、オフィスレイアウトに配慮した設計です。すべてのパーツをマットなブラックで統一することで、汚れも目立ちません。

図:スマートなデザイン

待機中の消費電力を抑え電気代を低減「低TEC値&電源管理設定」

レーザープリンター※1に比べ消費電力が低いインクジェットプリンター。加えて電源ON/OFFを時間で管理できるので、深夜の消し忘れを防ぎます。毎日の小さな積み重ねが、年間での大きなコスト削減につながります。

図:TEC値 0.2kWh
消費電力待機時 約0.9W
  • ※1
    財団法人 省エネルギーセンターがホームページにて公開している2014年度に登録された国際エネルギースタープログラム適合レーザープリンターとのTEC値の比較において。キヤノン調べ。2016年8月9日現在。本製品のTEC値は、キヤノンが独自に、国際エネルギースタープログラムで規定されるTEC測定手順を用いて算出したものです。

よく利用する操作をワンタッチで呼び出す「カスタム登録」

オフィスでよく利用する操作を登録することで、ワンタッチで設定が呼び出し可能に。定型業務の効率が向上します。

急いでプリンターを使いたい時に便利な「JOB予約」

すでにプリント中のプリンターを使いたい時、次のコピーの予約やスキャン/ファクスを設定することが可能。プリンター共有時のストレスを軽減します。