MB5430 | スキャン

原稿の両面を一度にスキャン「同時両面スキャン」

ADFに二つの読み取りセンサー(CIS)を取り付けることで、スキャンしたい原稿の表と裏を一度に読み取れます。プリントスピードはカラー・モノクロとも1分あたり23枚を実現。原稿の積載枚数も50枚までで、取り換える手間を省きます。

図:同時両面スキャン
両面ADFスキャンスピード(カラー及びモノクロ) 約23.0ipm
  • 測定原稿や測定方法などの詳細は、下記リンク「測定環境について」をクリックしてご確認ください。

スキャンしたデータを取り込み社内で共有「スキャンtoフォルダ」

スキャンしたデータを共有フォルダに保存して社内で共有可能です。メンバー間の情報共有に便利です。

図:スキャンtoフォルダ

スキャンしたデータを直接メモリーに保存できる「Scan to Memory」

書類や名刺、写真などをスキャンしたデータを直接USBフラッシュメモリーに保存することができます。保存前に液晶モニターでプレビュー確認も可能。保存形式もPDF/JPEGから選べ、PDF形式で保存する場合、最大100ページまでファイル保存可能です。

図:Scan to Memory
  • セキュリティー機能がついたUSBフラッシュメモリーでは使用できない場合があります。また、USBフラッシュメモリーは、MAXIFYに差し込んだ状態でパソコンから読み書きすることはできません。

スキャンデータを直接メールで送信できる「Scan to e-mail(SMTP対応)」

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)対応でスキャンデータをMAXIFYから直接メールで送信できます。ユーザー環境のメールサーバを経由するので、データが社外に出ることがなく、セキュリティ面でも安心です。

図:Scan to e-mail(SMTP対応)