MEAPアプリケーションAnyplace Scan for MEAP ADVANCE特長

Anyplace Scan for MEAP ADVANCE

どこからでも自分へ送信

ネットワーク上のimageRUNNER ADVANCE から

自分への宛先はIC カード認証システムが管理するため、自分の宛先が登録されていないネットワーク上のどの複合機からでも、IC カードをかざすだけで「自分へ送信」することができます。デバイスごとに宛先表を管理する必要がないので管理負荷が軽減されます。
また、スキャンファイルの容量によって、メールに添付しないでアドバンスドボックスに保存することも可能。自分宛にURL リンク付きのメールで保存先が通知されます。URL リンクにアクセスし、決められたパスワードを入力してアドバンスドボックスからスキャンファイルを ダウンロードします。容量の大きなファイルをメールに添付しないことで、メールサーバーやネットワークの負荷を軽減できます。

保存ファイルの管理は不要

自動削除機能

アドバンスドボックスに保存されたスキャンファイルには、1 時間、3 時間、6 時間、12 時間、1 日、3 日、7 日、15 日、30 日のいずれかの保存期間を設定できます。保存ファイルは、保存期間を経過した次の00 分に自動的に削除されます。このように、自動削除機能でアドバンスドボックスの管理も必要ありません。

  • ダウンロード時に削除するように設定することはできません。

例: 保存期間:1 日(24 時間)の場合

3 月1 日11 時18 分に「自分へ送信」を行い、Anyplace Scan for MEAPADVENCE によって保存されたファイルは、保存期間(24 時間)を経過した次の00 分(12:00)に自動的に削除されます。

このページのトップへ