MEAPアプリケーションDocument Navigatorピタッとフォーム for MEAP

ピタッとフォーム for MEAP

帳票用紙をスキャンするだけでパソコン入力可能なフォームが生成

手書きを前提として作られた市販の帳票や申請書を、複合機からスキャンするだけでパソコン入力可能なフォームを生成します。既存の帳票を利用しながら体裁の整った帳票出力を実現します。

複合機からスキャンするだけでパソコン入力可能なフォームを生成

簡単な操作で文字の入力位置がピタッと設定できます

計算式の設定

生成したフォーム内の入力フィールドは、紙原稿の罫線で囲まれたセル状の部分を認識して自動生成され、データ変換したファイルを開いてすぐに入力を開始することができます。また、自動生成される部分以外で入力フィールドが必要な場合は、簡単操作で入力フィールドを作成することが可能。サイズや位置、桁数の設定なども行うことができるほか、不要なフィールドの削除、フォントサイズや色の変更も可能です。

入力フィールドに計算式の設定が可能

フィールドの設定

入力フィールドに計算式を設定することができます。CSVファイルをインポートすることで集計も行えるほか、日付の自動入力も対応。数字の記入ミスを防ぎ、効率的な帳票作成をサポートします。

印字設定が容易で仕上がりもきれい

印字調整

パソコン入力した文字データは、帳票イメージとともに印刷できるほか、文字データのみを複合機のカセットにセットした指定の帳票用紙に印刷することもできます。微妙な印字位置のずれは、用紙全体の位置補正機能を使うことにより修正することが可能。従来手書きでしか書き加えることができなかった既存の帳票に、パソコンから文字入力できることで作成者に依存しない体裁の整った帳票出力を可能にします。

パソコン入力した情報をデータベース化

帳票をデータベース化して管理したい場合には、同じフォームを追加作成・入力・保存することができます。また、CSVファイル形式でインポート、エキスポートすることもできるため、すでに使用しているデータをフォームにあてはめることで集計・分析にご利用いただけます。またフィールドに入力された文字データを検索することもできるため、必要な帳票を簡単に引きだして利用することもできます。

このページのトップへ