MEAPアプリケーションWorkflow Composer特長

Workflow Composer

マイボタン

ボタンは、複合機の機能を入力・編集・出力で組み合せ、処理の流れを定義したものです。頻度の高い作業プロセスを1つのボタンとして作成、登録し・繰り返し利用できます。 ユーザーは、タッチパネルのボタンを押下するだけで、あらかじめ登録した業務の流れに則って、登録されている操作を簡単に実行できます。

ユーザー認証やアクセス制御と連動でき、社員のオリジナル設定を登録できます。
『マイボタン』には、複合機にログインしたユーザー毎のボタン表示ができ、自分の使い勝手のいい画面にカスタマイズすることができます。『共有ボタン』には、部門共通の業務設定を登録・表示して活用できます。いつもの業務設定を簡単に呼び出せ、ワンタッチですぐに業務をはじめることが可能。タッチパネルの流れに従ってスムーズに間違えることなく、操作することができます。

Workflow Composer

簡単ボタン登録

ボタン登録は、タッチパネルから各項目を簡単に設定できます。設定は「入力」、「編集」、「出力」の工程ごとに登録します。

入力

入力工程では、ワークフローの処理対象となる文書の入力方法を選択できます。
具体的には、[原稿読込]または[ボックス文書]から選択し、希望のスキャン設定を指定可能です。また読込み原稿とユーザーボックス文書を組み合せる場合、[原稿読込]と[ボックス文書]の両方を設定可能です。

編集

編集工程では、入力工程で選択された文書の編集方法を[文書結合(入力工程で選択された文書を結合)]、[ページ消去(入力工程で選択された文書や文書結合で結合された文書のページ消去を行う)]または[画像表示(入力工程で選択された文書や編集工程で編集された文書の画像表示)]から選択できます。

出力

出力工程では、入力工程で選択された文書や編集工程で編集された文書の出力方法を[ボックスに保管(ユーザーボックスに保管)]、[送信( Universal Send機能を用いてe-mailやI-ファクス、ファイル、ファクス送信先に送信)]または[プリント(指定した印刷設定でプリント)]から選択できます。

登録画面

ボタンをリモートメンテナンス

ボタン登録は、管理者PCなどに同梱ソフトウエア「imageWARE Workflow Editor」をインストール・設定することにより、リモートでボタンの作成・編集・登録が可能です。タッチパネルからの登録手法と同一のことが実現できるため、管理者は複合機を占有することなく、自分のPCでボタン情報をハンドリングできます。複合機に保存されているボタン情報を参照、取得し、編集後、再度複合機に登録するといったことが簡単にできます。また複合機上の送信宛先表も取得・編集などができます。複合機との通信には、XMLを用いたSOAP通信を使用しています。
XMLファイル形式でのボタン設定情報インポート/エクスポート機能を活用して、複数デバイスのメンテナンスをリモートで行うことも可能です。

  • FTP送信画面
  • 管理者設定画面

オフィスの業務を効率化

個人認証の仕組みと連携することでネットワーク上のどの複合機からでも自分専用のフォルダーへ簡単にスキャン送信する運用が可能です。
企業の運用ポリシーに則ったファイル名やファイル形式、印刷体裁を両面・Nin1に統一するなどあらかじめ管理者が設定しておくことで操作性が飛躍的に向上します。全社で統一された運用ができ、コスト削減効果も同時に期待できます。

また送信宛先の制限を施したボタンを作成することにより、操作ミスを軽減する為、リスク回避やコスト削減の効果も期待できます。ファクス送信時に、ファイルサーバーにイメージを同時送信することにより簡易的なイメージロギングシステムを構築することも可能です。
設定は、権限を持った現場の担当者が複合機の前で設定することもできますし、管理者がPCからリモートメンテナンスすることもできますので、柔軟に対応できます。
紙文書を簡単に分かりやすく電子化するなど業務の効率化と情報の再活用を実現します。

どこでもスキャンし、セキュアに送信

どのimageRUNNER ADVANCEからでもワンボタンでスキャン送信

共有ボタンひとつで、複数台あるimageRUNNER ADVANCEのうち、どのデバイスからでも自分専用フォルダーへ簡単にスキャン送信することができます。

MEAP Connectorとの連携

外部システムとの通信機能を追加

Workflow Composer + MEAP Connector

「MEAPコネクタ」と連動させれば、サーバーへスキャン文書を直接登録したり、本体のタッチパネル上でサーバー上のフォルダーを見ながら登録先を選択することや、属性情報の入力・送付などもでき、より広範囲な業務の定型化が可能となります。

インデックスコネクタ

CSVファイルの活用

CSVファイルの活用

CSVファイルの情報を、デバイスのプルダウンメニューに表示・選択できます。また、デバイス上で入力した情報をCSVファイルとして出力することができます。複合機での操作性をより一層向上させます。

  • MEAPコネクターは、imageRUNNER ADVANCEシリーズのみの対応となります。
  • imageRUNNER ADVANCE C2030 / 2020 にMEAPコネクターを搭載するには、オプションのHDD(2.5inch / 80GB)・E1が必要です。
このページのトップへ