ZOLL AED Plus(旭化成ゾールメディカル) 徹底解説

目の前で誰かが突然倒れたらどうしますか?AEDや心臓マッサージなどによる救命処置を思い浮かべる方が多いはず。でも、AEDを知ってはいても、“実際に触ったことがないから不安だ…”“正しく使える自信がない…”大半の方はそう感じます。

そんな初めてAEDを使う方でも、迷うことなく適切な胸骨圧迫と一次救命処置ができるよう設計されたのがAED Plusです。救助者はもちろんのこと、傷病者や設置者をしっかりとサポートするAED Plusの大きな特長をご紹介します。

世界初!胸骨圧迫ヘルプ機能を備えたフル・レスキューAED

電気ショックだけでは救えない。「適切な胸骨圧迫」が一次救命の鍵

突然の心停止の原因のひとつが心室細動です。心室細動とは、心臓の血液を全身に送り出す場所(心室)がブルブル震えて(細動)、血液を送り出せなくなった状態(心停止状態)をよびます。心室細動は自然に回復することがほとんどなく、有力な治療法は電気ショックによる除細動と言われています。そのため、除細動が必要な心電図波形かどうかを測定・解析し、必要な場合に電気ショックをするAEDが必要なのです。

胸骨圧迫をする場所日本救急医療財団心肺蘇生法委員会監修
「救急蘇生法の指針2015」より

AEDに加え、一次救命に最も重要とされているのが「適切な胸骨圧迫」であることをご存じでしょうか?一般的には心臓マッサージとも呼ばれる胸骨圧迫は、心停止した傷病者の心臓を両手で圧迫して血液の循環を促す蘇生法です。方法は胸骨の下半分に一方の手のひらを当て、その手の上にもう一方の手を重ねて圧迫します。
JRC(日本蘇生協議会)蘇生ガイドライン2015では、「100~120回/分の速さ」で、胸が「約5cmの深さ」で沈むよう強く・速く・絶え間なく圧迫することが推奨されています。

しかし、初めて胸骨圧迫を体験する方や、慣れていない方にとって、いざという時にこうした条件を満たすことはそう簡単ではありません。でも、AED Plusなら安心です。AED Plusは初めてお使いいただく方でも適切な胸骨圧迫が行えるよう、「胸骨圧迫ヘルプ機能」を搭載しています。
胸骨圧迫ヘルプ機能は、救助者が行う胸骨圧迫の深さと速さをモニタリング。音声ガイダンスとディスプレイ表示で『もっと強く押してください』『胸骨圧迫は有効です』など、リアルタイムでフィードバックし、より質の高い胸骨圧迫へ誘導します。
この胸骨圧迫ヘルプ機能は、ゾールメディカルが胸骨圧迫の質を向上させるために、2002年に世界で初めて開発した技術です。

音声ガイダンス「もっと強く押してください!」+ディスプレイ表示(電気ショックの回数、経過時間、圧迫深度インジケーター、胸骨圧迫の深さを表すバーグラフ)

初めての方でも装着しやすい一体型の成人用パッド

一刻を争う心肺蘇生、貼る位置に迷わない簡単装着パッド

電極パッドの貼り付け「簡単に位置決め」「あとは、押さえて引っ張るだけ」

AED Plusの一体型の成人用パッドは、胸骨圧迫センサー部分を体の中心にして、パッドを抑えてタブを引っ張るだけ。素早く簡単な装着が可能なため、パッド装着にかかる時間のロスを抑え、救助者の素早い処置をサポートします。

5年間消耗品買い替え不要でトータルコストを低減

メンテナンスフリーで設置者様のコストと交換の手間の負担減を実現

AEDの設置を検討するにあたって、課題になるのがランニングコスト。消耗品の交換費用のみならず、交換にかかる手間暇も、忙しい設置管理者様にとっては大きな負担になりかねません。
AED PlusはAED本体の保証期間(5年間)中、通常の待機状態とセルフチェックのみの使用であれば、設置管理者様に安心してご使用いただくために、消耗品の交換に追加費用が発生しない5年間パックをご用意しております。(未使用の場合)。

パッドの使用頻度が高いお客様に便利な「安心パック」

救命活動によって成人用パッドを使用した場合、交換用パッドをお届する「安心パック」もご用意しております。
(安心パックには、ご契約にあたって諸条件がございますので別途ご確認ください)

[ZOLL AED Plus]保証期間:5年間 [成人用パッド]CPR-D-padz 有効期限:製造より66か月(5年間交換不要) [バッテリー]5年間買い替え不要(設置より3年後、付属のバッテリーに交換作業必要)Duracellリチウムバッテリー(123A)

緊急時にも慌てず使える絵文字インジケーターと音声ガイダンス

いつ何をすればよいかを教えてくれるから安心。ガイドに従ってスムーズな救命処置

(1)反応を確認する。(2)119番通報をする。(3)正常な呼吸があるか確認する※1。(4)AEDの電源を入れ、電極パッドを貼る。(5)電気ショックを行う。(6)胸骨圧迫から心肺蘇生を行う※2。

音声ガイダンスはAEDの基本機能ですが、AED Plusはそれに加えて絵文字インジケーターで救命者をサポート。AED Plusのカバーを取り外すと、本体正面にサークルアイコンとランプが表示されているので視覚的に一次救命処置の流れを確認できます。
この機能は、工場や商業施設など騒音レベルが高く音声ガイダンスがききとりづらい環境でも、いざという時に不安なく使用できると高い支持をいただいています。 この機能により、AED Plusは耳マークを取得。耳の不自由な方にもお使いいただけます。

高い防塵性、防水性(IP55)

高水準な防塵性、防水性(IPは55)だから、さまざまな場所環境で使用可能

IP55(防塵・防水の国際基準)動作温度:0~50℃

AED Plusは、IP55の防塵・防水性を備えているので、雨や風の中でも使用可能です。昨今は、自然災害などを想定して、屋内設置のAEDでも防塵・防水性を重視する傾向が高まっています。高い防塵・防水性をAED Plusの選定理由のひとつに挙げるお客様が増えています。

負担の少ない直線二相性波形(RBW)の除細動

出力数を最適化。傷病者への身体的負担に配慮したやさしい設計

減衰型二相性波形、直線型二相性波形

AED Plusの除細動波形である直線二相性波形(RBW)は、ZOLL社独自の出力波形で、一定の電流である第一相と、それに続く逆極性の切断指数波形の第二相からなり、傷病者の体格に関わらず電流の強さを維持できることが特徴です。

安心してご使用いただだくための保証期間、耐用年数

インジケーター表示とアラーム音、一目で分かるAEDの使用可否

AED Plusの保証期間は設置日から5年、メーカー耐用年数は7年です。AEDが使用できる状態にあるか、AED本体・電極パッド・バッテリーの使用可否の状態を定期的に自動でセルフテストしています。セルフテストの結果は、ステータスインジケーターに表示され、異常時には『×』マークの表示やアラーム音でお知らせします。

点灯した「チェック」マークは、装置が最後のセルフテストに合格し、使用できる状態であることを示します。点灯した「×」マークは、装置がセルフテストに不合格であり、使用できない状態であることを示します。

いつでも繋がる安心の24時間フリーコールセンター

旭化成AEDコールセンターは、365日24時間受付しています。
製品やサービスに関するご質問があれば、いつでもお問合せいただけます。

旭化成ゾールメディカルとAED

世界のZOLLの技術を、旭化成が日本のお客様へお届けします。
旭化成をご存じでも、ゾールメディカルには馴染みがないという方が多いのではないでしょうか?
ゾールメディカルは、世界で初めて除細動器の臨床使用とペースメーカーの開発に成功したポール・M・ゾール博士が1980年に設立した、米国の大手救命救急医療機器メーカーです。米国を中心にヨーロッパやアジアなど140か国以上で事業を展開し、クリティカルケア分野においてグローバルな地位と信頼を確立しています。ZOLL AED Plusは、世界の重要な政府機関や国家的施設をはじめとするさまざまな施設でも採用され、多くの尊い命を救ってきました。

除細動器の世界的パイオニアであるゾールメディカルの製品を、日本のお客様にお届けするため2012年に誕生したのが旭化成ゾールメディカルです。「ひとりでも多くの目の前の命を救う」ことをミッションとし、AED Plusと胸骨圧迫の技術の普及を通じて、誰もが一次救命処置ができる社会を目指しています。

機種別AED徹底解説
今ならZOLL AED Plusの詳細資料をプレゼント 無料 ZOLL AED Plusの製品カタログ、導入ステップガイド、日常点検チェックリストなどが無料でダウンロードできます。

AEDに関する購入前のお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 AED企画課

AEDに関する購入前のお問い合せはこちら

このページのトップへ