AED 自動体外式除細動器レスキューハート HDF-3500設置・設定の流れ

RESCUE HEART HDF-3500

1.開梱

外箱を開けて、内箱と安心パック登録書類の封書を取り出します。

HDF-3500の外箱→外箱を開けます。→内箱と安心パック登録書類一式を取り出します。
内箱の内容
  • AED本体 ×1
  • キャリングケース ×1
  • 除細動パッドパック(成人用) ×1
  • AED救急セット ×1
    ※救急セットはキャリングケースに収納されています。
  • 付属書類一式
安心パック登録書類一式
  • AEDお客様情報登録用紙
  • AED安心パック登録申込書
  • AED安心パック利用説明書
  • AED安心パック加入シール
  • パッドパック用シール
  • ご注意(パッドパック注意書き)
  • パッドパック用注意喚起シール

内箱を開けてAED本体と付属品を取り出します。

内箱中身:AED本体、除細動パッドパック、書類一式 製品に付属しているパッドは1つです。(予備パッドは付属していません)

(付属されている書類)

(AED安心パック登録書類の封書に封入されている書類)

AED安心パック登録書類一式の封筒 上段左から、AED安心パック(成人用)利用説明書、AED安心パック(成人用)登録申込書、除細動パッドパック救命使用連絡のお願い 下段左から、お客様情報登録用紙(4枚複写)、ご注意※パッドパックの注意書き(コーションシート)、AED安心パック加入シール

2.セットアップ(AED本体)

内箱から電極パッドを取り出します。

電極パッド ※外袋に「予備用」と表記されていますが、本体装着用のパッドです。
  1. 内箱からAED本体を取り出します。
  2. キャリングケースから本体を取り出します。
  3. 電極パッドを取り付けます。
  4. 「カチッ」というまでしっかり挿入してください。

(電極パッド取り付け時の注意事項)設置時に重要です!

救急救命時以外は、除細動パッドパックを引き出さないでください!

一度引き出すと、ケーブルを元に戻すことができません。

理由

  • 引き出したケーブルを無理やり元に戻した場合、パッドパックのケーブルが断線する可能性があります。
  • この機種は「パッド導通チェック」機能が無いため、ケーブル断線の有無を確認できません。
    (緊急時にAEDが使用できない可能性があります)
  • パッド・ケーブルを引き出した状態でAEDを保管することはできません。
    (メーカーが定める保管方法ではないため、緊急時にAEDを正しく使用できない危険性があります)
  • 迅速にAEDを使用して頂くための製品仕様です。

一度引き出すと、ケーブルを元に戻すことができません!

3.AED本体の動作確認

AED本体に電極パッドを取り付けた後、本体インジケータが緑色に点滅することを確認します。

手順詳細はこちら

今ならHDF-3500の詳細資料をプレゼント 無料 HDF-3500の製品カタログ、導入ステップガイド、日常点検チェックリストなどが無料でダウンロードできます。

AEDに関する購入前のお問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 AED企画課

AEDに関する購入前のお問い合せはこちら

このページのトップへ