ストレスチェック後の職場改善、メンタルヘルスマネジメントをより深く理解するための参考書 見波利幸のメンタル書評「メンタルヘルス・マネジメント検定試験 重要ポイント&問題集」

「メンタルヘルス・マネジメント検定試験 重要ポイント&問題集」 日本能率協会マネジメントセンター 著者:見波 利幸

今、企業では必須であるメンタルヘルスの知識。一般社員であれば、自分でセルフケアができるように。上司であれば、部下にラインケアができるように。人事や産業保健スタッフであれば、適切に社内に推進できるように。それぞれの職層において、必要とされる知識は変わってきます。
企業の中には、1日レベルの検定対策講座を開催し、その後全管理職に受験していただくなど、本格的に推進している企業が多くなっています。

内容紹介

I種(マスター)試験は
人事労務担当者、管理職、産業保健スタッフをおもな対象に職場のメンタルヘルスケア推進のため必要な知識・方法・理解度を問うものです。
II種(ラインケア)試験
管理監督者を対象に、自分と部下のメンタルヘルス・マネジメントのため知識習得と対策推進をサポートするものです。
III種(セルフケア)試験
一般社員を対象に、組織で働く従業員自らのメンタルヘルス対策の推進をするものです。

本書は、試験の出題傾向を分析し、重要事項を項目ごとに整理・解説し、過去問題による演習問題・本試験を想定した精度の高い模擬問題を収録した、受験者必携の教材です。
2017年6月に発刊された「公式テキスト改訂4版」に完全対応しています。

ラインアップ

メンタルヘルスマネジメントTOPへ
今ならトライアル・詳細資料プレゼント 無料 ストレスチェックや適性検査、研修などの詳細資料を無料ダウンロード。無料トライアル・Web相談会も実施中!

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ