現代社会のメンタル問題にメンタルの第一人者・見波利幸が鋭く切り込むメンタルコラム 第四回「究極のストレス耐性を作る」

自分のストレス耐性をあきらめていないか

多くの人は自分のストレス耐性の高さ低さを把握していません。「何となく高そうだ」「何となく低そうだ」と捉えている場合が多いように思います。また、ストレス耐性は生まれながらに備わったものという解釈も多いと思います。
そうすると何かストレスを受けても、「自分のストレス耐性はこんなものだから」と成り行きに任せたり、あきらめてしまうこともあるでしょう。すると現状が改善することもなく、ストレスをより強く受けたり、さらに状況が悪化して耐えられなくなり、メンタルヘルス不調を来しやすくなります。

ストレス耐性は無限に高めることができます

ストレス耐性は、もちろん生まれながらに備わったものもありますが、多くは生まれてきてから今までの間に、少しずつ高められています。その間に得た知識やさまざまな経験を通して培われた対応力などによって、年齢とともに高まるのです。
ということは、どのようなものが備わるとストレス耐性が高まるのかを理解して、備わる努力をすることによって、かなり急速に高めることが可能になってくるのです。
世の中には、自分のストレス耐性を把握できるアセスメントも開発されています。筆者は、10年前にこのアセスメントを受けたことがありますが、その結果に衝撃を受けました。若い頃のストレス耐性は、たぶん普通程度だったと認識しています。
仕事がうまくいかないことや他者から叱責を受けるようなことがあれば、普通に落ち込みもするし、何日も引きずっていることもありましたので、普通程度の一般的なストレス耐性の高さだとお思います。
それが、ストレスに関する仕事をして、およそ10年経った頃の10年前には、数%という稀に見るストレス耐性の高さになっていました。

ストレス耐性は何をすれば高められるのか

筆者は約20年前から、カウンセリング、キャリアデザイン、メンタルヘルス、モチベーション、コミュニケーション、人間関係、目標達成などを専門とする支援業務をしています。ストレス耐性も専門分野になりますので、そのような知識を得て、実践することにより高められるということを身をもって体験しました。
10年前に稀に見る高さだったので、それから10年経っているので、さらに極限までのストレス耐性に進化していると思います。それでは、どのようなものを備えるとストレス耐性が高くなるのか具体的に見ていきましょう。ただ、ストレス耐性は、かなり広範な領域ですので、非常に効果的なものを一例として12個ほどを挙げてみます。

何から始めればいいのか

これらは、特段順序はありません。知識を得たものから、意識を変えて、意欲を高めたものから実践すればよいのです。人は、知識を得れば意識が変わります。意識が変われば「やっていきたい」意欲が高まります。意欲があれば、初めて実践することができるのです。これが行動変容です。

見波 利幸(みなみ としゆき)

一般社団法人日本メンタルヘルス講師認定協会 代表理事(http://www.j-mot.or.jp/一般社団法人 日本メンタルヘルス講師認定協会のサイトへ

外資系コンピューターメーカーなどを経て、98年に野村総合研究所に入社。メンタルヘルスの黎明期よりいち早く1日研修を実施するなど日本のメンタルヘルス研修の草分け。講演や研修のほか、カウンセリングや職場復帰支援、カウンセラー養成の実技指導、さらに海外でのメンタルヘルス活動など活動領域は多岐にわたる。さらにテレビや新聞などさまざまなメディアからも取材が多い。2015年より日本メンタルヘルス講師認定協会の代表理事に就任し、メンタルヘルス講師の育成に尽力している。

著書
  • 「究極のモチベーション」(清流出版)
  • 「心を折る上司」(KADOKAWA)
  • 「上司が壊す職場」(日本経済新聞出版社)
  • 「やめる勇気」(朝日新聞出版社)
  • 「心が折れる職場」(日本経済新聞出版社)
  • 「劣化するシニア社員」(日本経済新聞出版社)
  • 「新型うつ」な人々(日本経済新聞出版社)
  • 「メンタルヘルス・マネジメント検定試験 I種・II種・III種 重要ポイント&問題集」(JMAM)など多数

コンテンツ一覧

  1. 上司が壊す職場
  2. 働き方改革の一歩先行く「副業・兼業」への提言
  3. マネジメントの「パラダイムシフト」の勧め
  4. 究極のストレス耐性を作る
  5. 心が折れる職場
  6. 心を折る上司
  7. 究極のモチベーション
  8. 「劣化するシニア社員」にならないために
  9. 若年層の不調「新型うつ」の職場での問題
  10. 究極の睡眠
  11. ストレスを極限まで減らす
  12. 幸せ力を高める「ファンタジー・ブルー」の勧め

Appendix 書籍紹介

今なら見波利幸のメンタルコラムプレゼント 無料 大好評の「見波利幸のメンタルコラム」を1冊にまとめました。PDFにて無料ダウンロードできます。

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 HR業務ソリューション企画課

メンタルヘルス対策に関するサービスのご相談・お問い合せ

電話でのお問い合せ:03-6719-9553

このページのトップへ