Medical Image Placeペースメーカー統合管理サービス概要

ペースメーカー統合管理サービス Medical Image Place

ペースメーカー各社が提供する遠隔モニタリングサービスの受信データを一元管理できるクラウドサービスです。各社の異なる受信データを統一して管理・表示することで、簡単かつ迅速に患者さんの状態を確認でき、医療従事者によるモニタリング業務の負荷軽減と効率化を支援します。
キヤノンメディカルシステムズ株式会社の循環器動画ネットワークシステム「CardioAgent™ Pro」*とのデータ連携にも対応しており、遠隔モニタリングのデータを同システム上でも閲覧可能な仕組みを提供します。

ペースメーカー統合管理サービス 概要図

会社名は50音順で記載

2021年1月15日現在、本サービスと連携可能な遠隔モニタリングシステムを提供している企業は、以下の通りです。(50音順で記載)

おもな特長

モニタリングデータの収集

ペースメーカー各社の遠隔モニタリングシステムから取得したデータを集約し、医療機関内に設置するゲートウェイ端末にデータを送信するため、手動でペースメーカー各社のシステムにアクセスする手間が軽減されます。

モニタリングデータのステータス管理

遠隔モニタリングデータの受信状況を表示し、一目でアラートやイベントの有無を確認することができます。受信したデータは、一元化された状態で、患者別に表示されます。また、受信データごとにステータスで分類することも可能です。

セキュアなクラウド環境による運用

各省庁のガイドラインに準拠したクラウド基盤に加え、院内システムとの接続もセキュアなネットワーク環境を構築し提供します。

院内システムとの連携

受信したデータを院内の循環器システム等と連携することで、医師や臨床工学技士が施設内の端末からデータを閲覧することが可能です。

このページのトップへ