ニュースリリース


発表日 2003年5月8日

ミドルクラスのオフィス機器「Satera(サテラ)」シリーズのラインアップを拡充
○コンパクトなレーザープリンター複合機“キヤノン D350/D300”
○さらなる高速化を実現した“キヤノン オフィスカラープリンタ N1100/N2100”



キヤノンはこのほど、「Satera(サテラ)」シリーズの第二弾として、レーザーエンジンを搭載した小型レーザープリンター複合機“D350”および“D300”と、最高レベルの高速出力と低ランニングコストを実現したインクジェットプリンター“キヤノン オフィスカラープリンタ N1100”および“N2100”を、5月20日より順次発売します。

D350 オフィスカラープリンタ N1100
D350 オフィスカラープリンタ N1100
(オプションのペーパーフィードユニット装着時)


キヤノン D350 ‥‥‥‥‥‥価格(税別) 10万8,000円 (発売日:2003年5月20日)
キヤノン D300 ‥‥‥‥‥‥価格(税別) 7万9,800円 (発売日:2003年5月20日)
キヤノン オフィスカラープリンタ N1100 ‥‥‥‥‥‥価格(税別) 12万8,000円 (発売日:2003年6月上旬)
キヤノン オフィスカラープリンタ N2100 ‥‥‥‥‥‥価格(税別) 17万8,000円 (発売日:2003年6月上旬)




新製品“D350”は、コピー/プリンター/ファクスの3機能をコンパクトなワンボディにまとめたレーザープリンター複合機です。レーザープリンターで定評のある小型エンジンを搭載することで、コピー、プリンターのいずれにおいても14枚/分(A4)の高速出力と1,200dpi相当×600dpiの高画質を実現しています。ファクス機能としては、書籍など厚手の原稿も原稿台に置いたまま送信できるほか、33.6Kbpsモデムによる約3秒の高速電送や最大250枚相当(A4)のメモリー受信など、充実した基本機能を搭載しています。また、最大50枚までの自動原稿給紙が行えるADFや250枚の用紙を収納できる給紙カセットを標準で装備しているため、大量文書のコピーやファクスも効率よく処理することができます。なお、新製品“D300”はコピー/プリンターの2機能に特化した姉妹モデルで、使用環境に合わせて最適な方を選択することができます。

一方、オフィス用インクジェットプリンターの新製品“N1100(A4サイズ対応)”および“N2100(A3ノビサイズ対応)”は、「N1000/N2000」(2002年9月発売)のデザインを一新するとともに、さらなる高速化を図った後継機です。1インチ幅の超多ノズル・高密度ヘッドを搭載することで、モノクロ22枚/分、カラー(DTP)20枚/分という高速出力と、2,400dpiの高解像度と4plの極小カラーインク滴による高画質を実現しています。
また、ネットワーク対応はもちろん、インク補給の手間を軽減する大容量インクタンクの搭載や、 大容量給紙(“N1100”は最大750枚、“N2100”は最大500枚、いずれもオプションカセット装着時)、高耐久性、低ランニングコスト、メンテナンスフリーなど、ビジネスプリンターに必要不可欠な機能を多数搭載しています。さらに、主な操作が前面で行える「フロントオペレーション」の採用や省電力・低騒音の実現など、オフィス環境へも配慮しています。

【オフィス用複合機・カラープリンターの市場動向】

[複合機]
近年、パソコンの高機能化やインターネットなど情報技術の発展に伴い、一般家庭やSOHO市場において周辺機器の需要が急速に高まっています。特に1台で多目的に使用できる複合機は、これまでの単機能機に比べ、省スペースやコストパフォーマンスに優れているため、今後も一層の成長が見込まれています。

[オフィス用カラープリンター]
ビジネスドキュメントのカラー化への需要が高まるなか、インクジェットプリンターは従来のホームユースに加え、オフィスユースにも対応するツールとして新たな市場を形成し、拡大しつつあります。この背景には、高速・高画質・低価格・高生産性といった基本性能の高さに加え、小型化やネットワーク対応といったオフィスのユーザーニーズを満たす要素を多数装備していることが考えられます。

【開発の背景】

[D350/D300]
キヤノンは2002年秋、一般家庭やSOHO市場向けに、インクジェットプリンターをベースとした複合機「PIXUS MPシリーズ」を市場投入し、その写真画質と高速性、低ランニングコストから市場で高い評価を得ています。今回の新製品“D350/D300”は、出力文書の耐水性と堅牢性、文字の精細度を重視し、出力方式にレーザープリンターの静電転写方式を採用した複合機です。また、コピー機能においては11.2秒のファーストコピーを達成し、ファクス機能では33.6Kbpsの高速モデムを搭載するなど、ビジネスユースでの実用性を追求して開発されています。キヤノンは、写真画質のインクジェット複合機に加えて、高精細印字に適したレーザープリンター複合機を用意することで、ユーザーの多様なニーズに応えて行きます。

[オフィスカラープリンターN1100/N2100]
今回の新製品“N1100/N2100”は、近年急激に高まっているオフィスにおけるカラー化の要望に応えるとともに、オフィス用として求められる高速・高画質・低価格・高生産性の要素をすべて満たすカラープリンターとして開発されました。今回、この新製品を含む「Satera」シリーズのラインアップを拡充することで、SOHOから大企業内のディビジョンマシンまで、それぞれのオフィスにおける様々な使用環境に快適に対応します。


このページのトップへ
戻る

このページのトップへ