ニュースリリース


発表日 2003年6月24日

ノート型プリンター「キヤノン PIXUS 50i」に携帯電話からの写真印刷機能を追加
アップグレードプログラムのダウンロードサービスを開始



キヤノンはこのほど、超小型・高性能・斬新なデザインで人気を博しているノート型インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス) 50i」(2003年3月発売)からカメラ付き携帯電話で撮影した写真を無線でダイレクトに印刷できる、ファームウェアアップグレードプログラムのダウンロードサービスを7月上旬※1より開始します。

PIXUS 50i(カメラ付き携帯電話の写真出力時)

PIXUS 50i
(カメラ付き携帯電話の写真出力時)




カメラ付き携帯電話の普及と高性能化が進む中、携帯電話のカメラで撮影した写真を手軽に出力するニーズは今後ますます高まるものと予想されます。今回新たに追加する携帯電話無線印刷機能"プリントビーム"は、携帯電話本体から赤外線通信を利用して無線で手軽に印刷できるもので、「PIXUS 50i」本体のファームウェアをアップグレードすることにより、携帯電話で撮影した写真を専用の名刺用紙※2に35秒前後※3で高速出力することが可能になります。
アップグレードプログラムは、PIXUSホームページ(canon.jp/pixus)から無償でダウンロードすることができます。また、"プリントビーム"は、赤外線通信ポートを搭載したカメラ付き携帯電話※4に対応します。

なお、カードスロットを備えたキヤノンPIXUS「PDシリーズ」および「MPシリーズ」※5においては、携帯電話のメモリーカードの写真をダイレクトに印刷することが可能です。

※1  詳細は、キヤノンPIXUSホームページ(canon.jp/pixus)をご覧ください。
※2  片面光沢名刺用紙(KM-101)または両面マット名刺用紙(MM-101)。
※3  データ送信時間は含みません。また、携帯電話の機種や撮影した画像によって異なります。
※4  2003年6月17日現在の対象機種は次の通りです。
NTT DoCoMo:D505i/SO505i/P504iS/F504iS/N504iS/N2051/F2051/P2102V/N2701、J-PHONE:J-N51/J-SH53
※5  2003年6月現在の対応機種は、PIXUS 895PD/535PD/470PD、PIXUS MP730/MP700/MP55/MP10になります。


このページのトップへ
戻る

このページのトップへ