ニュースリリース
2004年6月9日

キヤノンサロン S 竹田津実写真展『えぞ王国−北海道動物記』開催のご案内



キヤノン販売株式会社(社長:村瀬治男)は、キヤノン S タワー1階 キヤノンサロン Sにおいて、7月7日より竹田津実写真展『えぞ王国−北海道動物記』を開催します。


この件に関するお問い合わせ先

キヤノン販売株式会社 キヤノンサロン S
TEL 03-6719-9021



■期間

2004年7月7日(水)〜8月28日(土) 10時〜17時30分 [休館:日曜日・祝日]
入場無料

■会場

キヤノン S タワー 1階 キヤノンサロン S

■ご案内

写真家竹田津実の作品展。同氏は1963年大学卒業後、獣医として北海道・小清水町に赴任。その後、キタキツネや多くの動物達の記録を始め、既に38年に及んでいます。写真展では年々再々移り行く自然環境の中で、逞しく・愛らしく生き続ける動物達の姿をご覧いただけます。北海道の大地に根をおろして撮り続けてきた約150点の作品は、全てキヤノンのラージフォーマットプリンターimagePROGRAF W8200で出力されています。

■ご挨拶

キタキツネと、ついでにその隣人たちを追い始めて38年。うんざりするくらいの時間のはずが、今では一瞬のような気がする。写真の持つ機能のひとつ、「記録性」におんぶにだっこされ、肩ぐるましての38年間だった。一瞬に思えた世界が、量にすると腰の抜けるほどのフィルムとなっていた。そこには「昔の北海道はすごかった‥」のではなく、自分にとっては「今だってすごい」北海道が残っていた。北の生き物たちの歓声を聞いてほしい。




■竹田津実氏プロフィール

竹田津 実 (たけたづ みのる)
写真家・エッセイスト・獣医(北海道・東川町在住)

1937年   大分県生まれ。
1963年   岐阜大学農学部獣医科を卒業。同年、小清水町農業共済組合家畜診療所勤務。
1970年   同診療所所長。
1974年〜78年   映画「キタキツネ物語」企画・動物監督。
1977年   動物愛護に関してレディ・ガスコイン賞受賞。
1988年   写真活動に関して東川賞(特別賞)受賞。
1991年   小清水町共済組合を退職。

1966年から小清水町においてキタキツネの生態調査を続け、70年より傷ついた野生動物の保護治療、リハビリ作業を始めて現在に至る。
著書に「チロンヌップの詩」「ひぐれ道」「跳べキタキツネ」「エゾシロチョウ」「FOXY」「のんべえ獣医の動物記 上・下」「子ギツネヘレンがのこしたもの」「北の大地から」「自分の足をかじるキタキツネ」など


■竹田津実 講演会開催のご案内

日程   2004年8月7日(土)、14時〜16時
会場   キヤノン S タワー3階、キヤノンホール S
内容   今回の写真展開催にあわせ、撮影の秘話など多数写真を交えながら講演します。
定員   150名(お申し込みは先着順とさせて頂きます)
申込締切   2004年7月30日(金)
入場   無料
申込方法   ご住所、お名前、年齢、職業、電話番号をご記入のうえ、下記住所まで葉書でお申し込み下さい。お申込受け付け後、受講券をお送り致します。
https://canon.jp/s-towerでも申込可能です。

〒108-8011 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー
キヤノン販売株式会社 カスタマーコミュニケーション推進グループ 講演会係

お問い合わせ先   TEL 03-6719-9021(10時〜17時、土・日・祝日を除く)

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ