ニュースリリース
2004年9月8日

フラットベッドスキャナーの新製品2機種を発売
4,800dpiの高解像度を実現した新フラッグシップモデル "CanoScan 9950F"
さらなる高速・高画質を達成した3,200dpiのハイスペックモデル "CanoScan 8400F"



キヤノンは、フラットベッドスキャナーの新製品 "CanoScan 9950F" および "CanoScan 8400F" を、9月18日より発売します。


CanoScan 9950F
CanoScan 9950F
CanoScan 8400F
CanoScan 8400F

キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan 9950Fオープン価格 (発売日:2004年9月18日)
キヤノン カラーイメージスキャナ CanoScan 8400Fオープン価格 (発売日:2004年9月18日)



新製品 "CanoScan 9950F" は、高画質と優れた機能で好評を博した「CanoScan 9900F」(2003年2月発売)の後継機で、4,800dpiという高解像度の「Canon’s Hyper CCD IV」を新たに採用することにより極めて美しいフィルム描写を再現する新フラッグシップモデルです。
世界で初めて※1、最大30コマ連続スキャン(35mmフィルム)を実現しました。また、新開発の非球面レンズ「Super Toric(ST)レンズ」の採用により、安定した色調による高画質化を図るとともに、豊富な光量による読み取りスピードアップと光学ユニットの小型化の両立を達成しています。さらに、高速転送が可能なUSB2.0 Hi-SpeedとIEEE1394a※2のデュアルインターフェースの搭載や、赤外線カットフィルターの導入によるウォームアップ時間の短縮、プレビューの高速化などがあいまって、読み取り作業のトータルなスピードアップを実現しました。

新製品 "CanoScan 8400F" は、幅広いユーザー層から定評のあった「CanoScan 8200F」(2003年10月発売)の後継機で、クリアで質の高い画像を実現する3,200dpiの「Canon’s Hyper CCD III」の搭載と、USB2.0 Hi-Speedの装備やウォームアップおよびプレビュー時間の短縮などにより、さらなる高速・高画質化を達成したハイスペックモデルです。

フィルム読み取りにおいては、キヤノン独自の新画像処理技術「FARE※3Level3」を両機種に搭載しました。従来の「FARE Level2」で好評のごみ傷除去、退色補正、および粒状感低減の各機能に加えて、今回新たに「逆光補正」機能を搭載し、逆光で撮影されたフィルム画像をきめ細やかな処理によって自然な色合いに補正することを可能にしました。さらに、フィルムアダプターユニットに移動光源式のバックライトを採用することで、CCDセンサーに対して豊富な光量を均一に供給できるようになり、よりクリアで高精細な画像再現を実現しました。

このほか、複数枚の写真原稿を1度にまとめて読み取り1枚ずつデータ化する「ワンパスマルチスキャン」や、読み込んだ複数の画像を1つのPDFファイルとして保存する「複数ページPDF作成」、使用頻度の高い機能をワンタッチで行える4つの「EZボタン」など、快適な使用環境を提供する機能を多数搭載しています。

※1 2004年8月25日現在、フラットベッドスキャナーにおいて。
※2 Macintoshのみ対応。
※3 Film Automatic Retouching and Enhancement。

【フラットベッドスキャナー市場動向】

近年、フラットベッドスキャナー市場は各社製品のさらなる高解像度化が進み、これまで主流だった1,200dpiから、この2年ほどの間に2,400dpiやそれを超える高解像度モデルへの移行が進んでいます。また、製品技術の進歩により、雑誌や紙焼き写真などの反射原稿だけでなく、従来は高価で手間のかかったフィルムなどの透過原稿の読み取りも、ますます身近になりつつあります。その背景には、大容量の画像データが容易に扱えるパソコンの高性能化と、すばやい転送が可能な高速インターフェースの登場があります。特に、USB2.0 Hi-Speedについては本格的な普及が進んでおり、さらなる高解像度、高速スキャナー時代の到来が予想されます。
また、デジタルカメラの普及によってデジタル環境が急速な広がりを見せる中で、過去の紙焼き写真やフィルム、印刷物などをスキャナーでデジタル化し、保存・利用するという需要が再認知されつつあります。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

キヤノンでは、多様なニーズにきめ細かく対応するため、よりコンパクトで手軽にスキャンできるモデルからフィルムスキャンや高速スキャンなどが可能な高機能モデルまで幅広い製品群を取りそろえています。
今回の新製品 "CanoScan 9950F" および "CanoScan 8400F" は、画質・スピード・機能のいずれにおいても、プロカメラマンや高画質な画像を扱うユーザーの厳しい要求に応えるべく開発された最上位の2機種です。
この新製品の提供によって、高解像度モデルのさらなる普及促進を狙うとともに、フラットベッドスキャナーのトップブランドとして、国内のみならず世界においても一層のシェア拡大を目指します。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ