ニュースリリース

2005年7月13日

キヤノン販売が電卓機能付きテンキーの新モデルを発売
〜業界初、メモリーカード読み書き機能を搭載した "キヤノン LS-120TKRW" 〜



キヤノン販売株式会社(社長:村瀬治男)は、電卓機能付きテンキーの新製品として、業界で初めてメモリーカードのリーダー・ライター機能を搭載した1台3役の "キヤノン LS-120TKRW" を7月22日より発売します。

 2005年7月13日現在

LS-120TKRW
LS-120TKRW
メモリーカードインターフェース部
メモリーカードインターフェース部

キヤノン LS-120TKRW‥‥価格(税別)8,500円(発売日:7月22日)

● キヤノン電卓ホームページへ
● キヤノン LS-120TKRW の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90025
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9632にお問い合わせください。



新製品 "LS-120TKRW" は、SDメモリーカードなど6種類のメモリーカードの読み書き機能を搭載しているので、デジタルカメラなどで撮影した画像データをパソコンで閲覧・加工するといった、各種メモリーカードによるデータの受け渡しを簡単に行うことができます。パソコンに標準で搭載されているカードリーダー・ライターは、対応するメモリーカードの種類が限られるので、別途外付けのカードリーダー・ライターが必要でしたが、新製品 "LS-120TKRW" により様々な種類のメモリーカードを快適に活用することができます。
また、パソコンとの接続インターフェースには高速なUSB2.0を採用しているので、大容量データを高速で転送することができるとともに、データの読み込み、書き込み中でもテンキー入力することができるといった優れた操作性を実現しています。
さらに、これまでの電卓機能付きテンキーシリーズのデザインを一新し、パソコンに最適なスタイリッシュなブラックボディを採用しています。


 SDメモリーカード、マルチメディアカード、コンパクトフラッシュカード、マイクロドライブ、メモリースティック、メモリースティックPROの6種類に対応。

【市場動向と開発の背景】

国内のテンキー市場において、2004年のメーカー出荷台数は約150万台と安定した需要を形成しました。2005年のメーカー出荷台数もほぼ同数と予想されています。(キヤノン販売調べ)
キヤノン販売は、2002年12月に初代の電卓機能付きテンキー「LS-120TK/LS-12TK」を発売して以降、現在10機種のラインアップを揃えており、電卓機能付きテンキー市場において年間台数トップシェアを獲得しています。(2004年1月〜12月、出典:GFK Japan)
そして今回、ユーザーの要望に応え、電卓機能付きテンキーの新モデルとして、メモリーカード機能を搭載した“LS-120TKRW”を開発しました。キヤノン販売は、これを電卓機能付きテンキーのラインアップに加え、さらなるシェアの拡大を目指します。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ