ニュースリリース

2005年8月23日

コンパクトフォトプリンター「SELPHY」のラインアップを拡充
デジタル写真の楽しみを広げる "SELPHY CP710/CP510/DS810" の3機種を発売



キヤノンは、コンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」のラインアップを拡充し、 "SELPHY CP710" 、 "SELPHY CP510" 、 "SELPHY DS810" の3機種を、9月16日より順次発売します。

製品写真:SELPHY CP710
SELPHY CP710
製品写真:SELPHY CP510
SELPHY CP510

製品写真:SELPHY DS810
SELPHY DS810

キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP710‥‥ オープン価格 (発売日:2005年9月17日)※5
キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP510‥‥ オープン価格 (発売日:2005年9月16日)※4
キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY DS810‥‥ オープン価格 (発売日:2005年9月16日)※4

※4 発売予定を9月中旬から9月16日に確定しました。
※5 発売予定を9月16日から9月17日に変更しました。

● コンパクトフォトプリンターホームページへ
● キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP710 の商品紹介へ
● キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP510 の商品紹介へ
● キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY DS810 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90013
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556にお問い合わせください。



「SELPHY」は、簡単操作、高画質と高耐候性、場所を選ばない小型・軽量ボディをシリーズ共通の特長としたキヤノンのコンパクトフォトプリンターの世界統一ブランドです。近年、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話の普及に伴い、デジタルフォトの撮影機会が飛躍的に増加しています。その結果、パソコンを持っていないユーザーやパソコンに不慣れなユーザーにおいても、より簡単にデジタル画像をプリントしたいというニーズがますます高まっています。今回の新製品3機種では、こうした幅広いユーザーにも対応するために、これまで以上に使い勝手の向上を図りました。

新製品 "SELPHY CP710" は、カメラとプリンターを直接つなぐカメラダイレクトはもちろんのこと、新たにメモリーカードからのダイレクトプリントにも対応した昇華型のコンパクトフォトプリンターです。多彩なメモリーカードに対応するカードスロットと、画像選択や各種設定が可能な1.5型カラー液晶モニターを新たに装備しながら、これらを搭載したプリンターとして世界最小・最軽量※1を実現しました。また、本体内蔵型の巻き取り式USBケーブルの採用により、デジタルカメラと簡単に接続できるほか、使用しない時には本体内にすっきりとケーブルを収納できます。印刷性能においては、Lサイズで1枚あたり約50秒※2の高速・高画質印刷を実現するとともに、4種類の用紙サイズへのプリントに対応します。さらに、AC電源だけでなく、バッテリー駆動にも対応(オプション)しているため、電源のない屋外でも使用できます。

新製品 "SELPHY CP510" は、コストパフォーマンスのさらなる追求を図った昇華型のコンパクトフォトプリンターです。カードスロットと液晶モニターを除いては、小型・軽量ボディや巻き取り式USBケーブルの採用をはじめ、Lサイズ1枚あたり約50秒※2の高速・高画質印刷、4種類の用紙サイズへの対応、バッテリー駆動(オプション)など、上位機種 "CP710" の優れた機能や性能を備えています。

新製品 "SELPHY DS810" は、PIXUSシリーズで高い評価を得ている高速・高画質プリントをより手軽に楽しめるインクジェット方式のコンパクトフォトプリンターです。カメラダイレクトやカードダイレクトに加えて、赤外線通信によるカメラ付き携帯電話からのワイヤレス印刷が可能な「プリントビーム」も備えるなど、多彩な方法でのダイレクトプリントが可能です。また、見やすい角度で使用できる可動式の2.5型カラー液晶モニターを搭載し、画像の選択や各種設定が快適に行えるほか、「赤目補正」や「顔明るく補正」、「携帯画像補正」など、画像補正機能の充実を図りました。印刷性能においては、最小2pl(ピコリットル)の極小インク滴と高密度な多ノズルヘッド「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」により、高精細なフチなし写真がLサイズで1枚あたり約57秒※3という高速プリントを実現しました。さらには、フォト用紙はもちろん、シール紙やマット紙など多彩な用紙に対応しているため、用途や好みに合わせた仕上がりが楽しめます。

※1 2005年8月12日現在。
※2 映像エンジン「DIGIC II」を搭載したキヤノン製コンパクトデジタルカメラとCPダイレクトで接続した場合。
※3 キヤノン製コンパクトデジタルカメラとPictBridgeで接続し、スーパーフォトペーパーにフチなし印刷した場合。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ