ニュースリリース

2006年7月4日

デジタル商業印刷用出力機器の新ブランド「imagePRESS」を展開
高品位印刷が行える新製品2機種を発売



キヤノンは、「デジタル商業印刷」市場への本格的な参入を機に、プリンターと複合機の新ブランド「imagePRESS(イメージプレス)」を立ち上げ、新製品“imagePRESS C7000VP”を12月から、新製品“imagePRESS C1”を8月4日から発売します。

imagePRESS C7000VP
imagePRESS C7000VP
オプションの自動原稿送り装置DADF-R1など装着時
imagePRESS C1
imagePRESS C1
オプションのサドルフィニッシャー・AA2など装着時

キヤノン imagePRESS C7000VP
Server A3000モデル※1
‥‥価格(税別) 3,000万円(発売日:2007年春)
キヤノン imagePRESS C7000VP
LIPSプリンタモデル※2
‥‥価格(税別) 2,150万円(発売日:2007年春)
キヤノン imagePRESS C1‥‥価格(税別) 340万円(発売日:2006年8月4日)
※1 デジタル商業印刷用の専用サーバーを付属したモデルです。
※2 印刷物の内製などに最適なプリントボードを搭載したモデルです。
発売日を2006年12月から2007年春に変更しました。
imagePRESS C7000VP LIPSプリンタモデルの価格を1,900万円から2,150万円に変更しました。

● imagePRESS ホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90053
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9626にお問い合わせください。



印刷業や複写業において、多品種少量印刷のツールとして、高速デジタル複合機を用いたPOD(プリント・オン・デマンド)が普及しつつあります。オフィスにおいてはカタログなどの内製化を目的として、またデザイン事務所でも制作物のカラーカンプの印刷を行うために、それぞれPODの取り組みが進んでいます。
これらの業界を中心に、デジタル印刷のワークフローが浸透し、その利便性と経済性が広く認知されるのに伴い、デジタル商業印刷という市場が形成されようとしています。
キヤノンは、この市場に本格的に参入するために、オフィス用やグラフィカルユースのカラー複合機で長年培ってきた電子写真技術を結集して、デジタル商業印刷向けの専用プリンターと複合機を開発し、新たに「imagePRESS」というブランドを立ち上げます。業務用印刷物としてふさわしい、高レベルの画質はもちろん、高度な生産性、堅牢性を兼ね備えた新製品を展開することで、一層の成長が見込まれるデジタル商業印刷の市場において、確固たる地位を確立したいと考えています。

新製品はいずれも、平均5.5μmの微粒子トナーや、高い安定性を備える感光ドラム、超高速で画像を処理する「iPR(imagePRESS)コントローラ」など、デジタル商業印刷用の出力機器としてふさわしい数多くの新技術を採用することで、広い色再現性と自然な光沢感をもつ高品位かつ高精細な画質を実現しています。多様な印刷メディアに対して、それぞれの質感を活かしながら最適な出力を行うためのさまざまな機構を採用しているほか、色味を常に安定させるための各種センサー技術や補正技術を搭載しています。

新製品“imagePRESS C7000VP”は、カラー・モノクロとも毎分70枚(A4ヨコ)の出力スピードを備えたデジタル商業印刷用プリンターです。高度な堅牢性と優れた生産性を兼ね備えており、安定した出力環境を提供します。
一方、新製品“imagePRESS C1”は、カラー毎分14枚、モノクロ同60枚(いずれもA4ヨコ)の出力が行えるデジタル商業印刷用複合機で、プリプレス業務に最適なモデルです。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ