ニュースリリース

2006年8月2日

キヤノンがデジタルビデオカメラの新ブランド「iVIS」の新製品2機種を発売
動画用CMOSセンサーを採用した世界最小・最軽量のHDVビデオカメラ“iVIS HV10”
使いやすさを追求した軽量ボディーのDVDビデオカメラ“iVIS DC22”



キヤノンは、新開発の動画用CMOSセンサー「キヤノン HD CMOS」を採用した、世界最小・最軽量のデジタルハイビジョン撮影対応HDVビデオカメラ“iVIS HV10”と、片面2層記録により長時間録画が可能なDVDビデオカメラ“iVIS DC22”を9月上旬より順次発売します。

また、今回、新製品2機種の市場投入を機に、家庭用デジタルビデオカメラの新ブランド「iVIS」(アイビス)を立ち上げます。「iVIS」とは「i(eye=瞳、愛)+vision(映像)」を意味し、見たままに撮影できること、感じたままに記録できることをシリーズ共通のコンセプトにしています。
キヤノンは、先進のイメージング技術により高画質を徹底的に追求するとともに、撮影することや、その映像を見て楽しむことを通じて、デジタルビデオカメラから得られる感動をさらに広げる「iVIS」シリーズを提供していくことにより、ユーザーに対する新しい提案を常に行っていきたいと考えています。

HDV規格対応のビデオカメラとして。2006年7月26日現在。

iVIS HV10
iVIS HV10
(本体色:グラナイトブラック)
iVIS DC22
iVIS DC22
 
キヤノン HDVビデオカメラ iVIS HV10グラナイトブラック‥‥オープン価格 (発売日:2006年9月上旬)
キヤノン HDVビデオカメラ iVIS HV10バーニッシュシルバー‥‥オープン価格 (発売日:2006年9月中旬)
キヤノン DVDビデオカメラ iVIS DC22‥‥オープン価格 (発売日:2006年9月上旬)

● デジタルビデオカメラホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90003
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9394 にお問い合わせください。



新製品“iVIS HV10”は、デジタル一眼レフカメラのEOS DIGITALシリーズで高い評価を得ているキヤノン独自のCMOSセンサー技術を、デジタルビデオカメラ用として応用した、新開発の動画用CMOSセンサー「キヤノン HD CMOS」を採用しています。「キヤノン HD CMOS」は、デジタルハイビジョン放送でも使われている高精細なフルHD(1,920×1,080画素)の映像を高速でそのまま読み出すことができる優れた処理能力を備えています。また、オンチップノイズ除去回路の搭載により徹底したノイズの低減を達成しているほか、ベイヤー配列のRGBフィルターの採用により忠実な色再現を実現するなど高品位で解像度の高い撮影が可能です。新たに開発した光学10倍ズームのキヤノンHDビデオレンズや、映像エンジン「DIGIC DV II」の搭載とあいまって、卓越した解像感と豊かな階調性をもつ映像記録を実現しています。
本体は、小型で省電力の「キヤノン HD CMOS」の採用や設計の見直しなどにより、HDV規格※2対応のビデオカメラとして世界最小・最軽量※1(390cc・440g)を達成しています。
そのほか、外部センサーを利用することで高速でのピント合わせを実現したスーパークイックAFや、幅広いブレを補正する光学式手ブレ補正機能など、デジタルハイビジョン映像の撮影に適した数多くの充実した機能を搭載しています。

一方、新製品“iVIS DC22”は、ディスクの円弧を強調した特徴的なデザインで好評を博しているDVDビデオカメラ「DC20」(2005年8月発売)の後継機種です。スタイリッシュで軽量なボディーデザインを継承しながら、8cmDVD−Rの片面2層記録に対応しており、メディア1枚に最大108分の動画が記録できます。また、2.2メガピクセルCCD※3とRGB原色フィルター、映像エンジン「DIGIC DV」の採用により、動画も静止画も高精細な記録が可能です。

※1HDV規格対応のビデオカメラとして。2006年7月26日現在。
※22003年9月に、キヤノン株式会社、シャープ株式会社、ソニー株式会社、日本ビクター株式会社の4社によって策定。
※3動画記録時の有効画素数は約123万画素。静止画記録時の有効画素数は約200万画素。

【デジタルビデオカメラの市場動向】

2005年のデジタルビデオカメラ全体の国内市場規模は約150万台であり、2006年は前年なみの約145万台と推定されます。そのなかで、デジタルハイビジョンに対応したHDV規格のデジタルビデオカメラの市場は大きく伸長しており、2005年は約7万台、2006年は約25万台の市場規模になると予想されます。また、DVDビデオカメラは、2005年に約40万台の市場が、2006年には約60万台の市場規模に拡大すると推定されます。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

近年、デジタルハイビジョン放送の普及やハイビジョン対応の薄型テレビ市場の拡大に伴い、家庭でハイビジョン映像を楽しむ環境が整いつつあります。そのような状況のなか、ミニDVテープにハイビジョン映像が記録できるHDV規格を採用したHDVビデオカメラも、急速に市場を拡大しています。
今回発売する“iVIS HV10”は、新開発の「キヤノン HD CMOS」を撮像素子に採用することにより、高精細な映像描写を実現したHDVビデオカメラです。HDV規格対応のビデオカメラとして世界最小・最軽量を実現したほか、光学10倍ズームのキヤノンHDビデオレンズの装備や、高性能映像エンジン「DIGIC DV II」の搭載により、緻密で繊細なデジタルハイビジョン映像の撮影が可能です。
また、長時間撮影を可能にする片面2層記録に対応したDVDビデオカメラ“iVIS DC22”も同時に市場投入します。
キヤノンでは、レンズ交換が可能な「XL H1」と光学20倍ズームレンズを装備した「XH G1/XH A1」などのデジタルハイビジョンに対応した業務用ビデオカメラや、高精細CCDを搭載したDVDビデオカメラ「DC40」、コンパクトなミニDVテープ方式の「FV M300」、「IXY DV M5」などの家庭用モデルに、今回発売する2機種を加えた強力なラインアップ展開により、これからも幅広いユーザー層の期待に応えていきます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ