ニュースリリース

2006年9月20日

キヤノンがA4サイズ対応のモノクロ複合機を発売
高い生産性とコンパクトボディを両立した“Satera MF6570”



キヤノンは、SOHO市場を主な対象として、高い生産性とコンパクトなボディを両立したA4サイズ対応のモノクロ複合機“Satera(サテラ) MF6570”を本日発売します。

キヤノン Satera MF6570
キヤノン Satera MF6570

キヤノン Satera MF6570‥‥価格(税別)30万円 (発売日:2006年9月20日)

● キヤノン Satera ホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90024
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627 にお問い合わせください。



新製品“MF6570”は、コピー、プリンター、カラースキャナー、ファクスの4つの機能をデスクトップサイズのコンパクトボディにまとめた、オールインワンタイプのモノクロ複合機です。
オートドキュメントフィーダーや100BASE-TX/10BASE-Tインターフェース、自動両面印刷機能などを標準で搭載することで、SOHOのメインマシンとしてはもちろん、一般オフィスのサブマシンとしても利用できる高い生産性を実現しています。

また、コピー、プリンターのいずれの機能においても、毎分22枚(A4タテ)の出力スピードを備えるほか、オプションの給紙カセットを装着することにより最大1,210枚の連続給紙が可能なため、大量出力もストレスなく行えます。さらに、カラースキャナー機能においては、付属のソフトウエア「MF Toolbox」を使用することで、画像データをコンパクトにまとめる高圧縮PDFや、テキストの全文検索が可能なサーチャブルPDFを生成できるため、ペーパーレス化や情報の共有化に力を発揮します。

【A4対応モノクロ複合機の市場動向】

2005年におけるA4対応のモノクロ複合機の市場規模は、世界市場で約50万台、国内市場で約5万台でした。2006年においては、世界市場では前年比約60%増の約80万台、国内市場では約20%増の約6万台と予想しています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

昨今、ネットワーク環境の急速な進展に伴い、インターネットや電子メールを利用した業務が事業所の規模に関わらず行われるようになり、SOHOや小規模事業所においても、扱う文書量はますます増加しています。
今回の新製品“Satera MF6570”は、こうした市場動向を捉えて開発されたモデルで、設置場所が限定されるSOHO市場向けの製品として省スペース化を追求しつつ、業務の効率化に役立つ、さまざまな機能を標準で搭載したオールインワンタイプのA4サイズ対応モノクロ複合機です。
キヤノンは、「Satera」シリーズのラインアップを強化することで、ますます多様化が進むSOHO市場のニーズにきめ細かく対応して行きます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ