ニュースリリース

2006年10月11日

キヤノンがA4対応のカラーレーザープリンター2機種を発売
高速出力と省スペース化を達成した“Satera LBP5300/LBP5400”



キヤノンは、高速出力と高生産性を達成しながら省スペース化を実現した、A4対応カラーレーザープリンター“キヤノン Satera(サテラ) LBP5300/LBP5400”を10月17日から順次発売します。

LBP5300
LBP5300

キヤノン Satera LBP5300‥‥価格(税別)12万8,000円 (発売日:2006年10月17日)
キヤノン Satera LBP5400‥‥価格(税別)15万8,000円 (発売日:2006年11月下旬)

● Satera レーザービームプリンターホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
050-555-90061
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627にお問い合わせ下さい。



新製品はいずれも、新開発のA4サイズ対応4連タンデムエンジンを採用することにより、デスクトップサイズのコンパクトボディながら、カラー、モノクロとも毎分21枚(A4タテ)の高速出力と、10.1秒※1のファーストプリントを実現しています。また、省資源化やコスト削減が図れる自動両面印刷機能や、共用プリンターとして利用するためのネットワークインターフェースを標準で搭載しています。さらに、独自のカラーオンデマンド定着方式の採用により、省エネルギーとウォームアップタイム0秒※2の素早い立ち上がりを両立しています。

新製品“LBP5300”は、オフィス文書のデータをパソコン側で一括して処理するプリンティングソフトウエア「Color CAPT(Canon Advanced Printing Technology)」を採用することにより、高速印刷を可能にしたエントリーモデルです。
一方、新製品“LBP5400”は、出力データや使用環境にかかわらずデータを高速で処理する「LIPS V」を搭載することにより、業務用途に応じて複数のページ記述言語を使い分けることが可能なスタンダードモデルです。独自の機能拡張プラットフォーム「MEAP-Lite(ミープ・ライト)※3」を実装することも可能(オプション)で、ユーザーのニーズに応じて、セキュリティの強化をはじめとした機能のカスタマイズも行えます。

※1 使用条件により異なる場合があります。
※2 電源投入時は45秒以下。(使用条件によって異なる場合があります。)
※3 Multifunctional Embedded Application Platform - Liteの略です。

【カラーレーザープリンターの市場動向】

2005年のカラーレーザープリンターの市場規模は、世界市場で約300万台、国内市場で約29万台でした。2006年は、市場のさらなる拡大が予想され、世界市場では前年比25%増の約380万台、また国内については同5%増の約30万台になると見込まれています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

多くのオフィスでは、効果的な情報伝達を目的として、視認性や訴求力に優れたカラー文書の利用率が高まっています。また、TCO(Total Cost of Ownership)を考慮して、多用途で使用できるオフィス用複合機をセンターマシンとして設置し、使用頻度の高いプリンターを部や課ごとに配置するケースが増えてきています。
新製品はいずれも、こうした市場動向を捉えて開発したモデルで、使用頻度の高いA4サイズの出力に対応したカラーレーザープリンターです。カラー出力の高速化や、コンパクト設計による省スペース化を追求するとともに、業務効率の向上に役立つ多様な機能を標準で搭載しました。
キヤノンは、これらの新製品を市場に投入することで、オフィスにおける文書のカラー化を一層推進し、業務の効率化や生産性の向上に貢献していきます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ