ニュースリリース

2006年11月8日

A2サイズ対応の広幅デジタル複合機
“キヤノン imageRUNNER iR W740/W740N”を発売



キヤノンは、設計・土木・建築関連企業や官公庁を主な対象として、赤黒ツインカラー出力、ファクス、フィニッシャー対応など充実した機能を搭載できる、A2サイズ対応のデジタル複合機“キヤノン imageRUNNER iR W740/W740N”を11月28日より発売します。

キヤノン imageRUNNER iR W740N
キヤノン imageRUNNER iR W740N
オプションのフィニッシャー・タイプG2など装着時

キヤノン imageRUNNER iR W740‥‥価格(税別)156万円 (発売日:2006年11月28日)
キヤノン imageRUNNER iR W740N‥‥価格(税別)215万円 (発売日:2006年11月28日)

● imageRUNNER ホームページへ
● キヤノン imageRUNNER iR W740/W740N の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
050-555-90052
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9626 にお問い合わせください。



新製品“iR W740/W740N”は、解像度600dpi、256階調の高画質と、A2サイズで毎分14枚の出力スピードを備えた広幅対応のデジタル複合機で、コピーのほかスキャナーやプリンターとして利用することも可能です
従来機種「iR750W/700W」から追加された新機能として、「赤黒ツインカラー機能」や「ファクス機能」をオプションで用意しました。図面などの原稿に「赤色」でワンポイント処理を施したり、A2サイズの原稿をそのままファクスで送信することができます。また、出力物の仕分けやステイプル、パンチ穴あけを自動的に処理する「フィニッシャー」をオプションで装着することで、効率的な ワークフローを実現します。さらに、A2サイズの大きな図面や原稿をそのままスキャンすることが可能で、大判の文書を電子化して情報の共有化を図ることができます
このほか、排紙ユニットを本体内に組み込むことで、A2対応機ながら780mm(幅)×735mm(奥行)という設置サイズの省スペース化を実現しており、壁際やコーナーへの設置が可能で、オフィススペースを有効活用することができます。

なお、新製品“iR W740”は、コピー機能に特化したモデルで、“iR W740N”は、ネットワークプリンター・スキャナー機能を加えた自動原稿送り装置付きモデルです。

 “iR W740”はオプションの「A2コントローラ・タイプG2」と「ドキュメントボックスHDキット」が必要です。

【市場動向と開発の背景】

近年、CADやインターネットといったITインフラの発達に伴い、業務の効率化やTCOの削減を目的とするネットワーク化が急速に進んでおり、設計事務所や建設業などにおいては、日々増大する図面や技術文書を電子化して、配信・共有・管理できるシステムのニーズが高まっています。また、保管している図面の赤い字のコメントや承認印、出図印などを、原稿そのままの赤色で出力するといった機能への強い要望がありました。キヤノンは、こうした市場の動向に対応すべく、定評のあるA2判デジタル複合機「iR700W/750W」(2003年3月発売)の後継機として、オプションを装着することで赤・黒の2色を同時コピーすることを可能とするとともに、ネットワークプリンターやスキャナーとしても利用可能な“imageRUNNER iR W740/W740N”を投入します。
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ