ニュースリリース

2006年12月4日

広角光学ズームレンズを搭載し、パン・チルト機能を備えたネットワークカメラ
“キヤノン ネットワークカメラ VB-C300”



キヤノンは、水平画角70°のオートフォーカス機能付き広角ズームレンズを搭載し、パン・チルト機能を備えた高画質な小型ネットワークカメラ“キヤノン ネットワークカメラ VB-C300”を来年3月より発売します。

キヤノン ネットワークカメラ VB-C300
キヤノン ネットワークカメラ VB-C300

キヤノン ネットワークカメラ VB-C300‥‥価格(税別)14万5,000円 (発売日:2007年3月)

● キヤノン ネットワークカメラ/モニタリング機器ホームページへ
● キヤノン ネットワークカメラ VB-C300 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
050-555-90074
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9622 にお問い合わせください。



新製品“VB-C300”は、LANケーブルを接続することで簡単にモニタリング環境が構築できる、映像監視用のネットワークカメラです。
キヤノンの誇る光学技術を結集することにより実現した水平画角70°、倍率2.4倍の広角ズームレンズを搭載しているため、店舗や工場など広い場所で全体をふかんする映像に加え、被写体との距離が充分にとれない場所や、狭い店舗などを一度に撮影することが可能です。さらに、オートフォーカス機能とカメラを左右・上下方向に動かすパン・チルト機能を備えているため、カメラの設置時や店舗・工場などのレイアウト変更時に、ピントや画角の調整を容易に行うことができます。

“VB-C300”は、プログレッシブスキャンCCDを採用することで動きのある被写体を高画質に撮影することが可能なほか、キヤノン独自の映像エンジンの搭載により暗い場所での高画質撮影とノイズの低減をはかっています。さらに、照度1ルクスでのカラー撮影や、照度によってカラー撮影と白黒撮影を切り換えるデイナイト自動切り換え機能を搭載し、低照度環境での映像監視に威力を発揮します。

その他、LANケーブルから電源が供給されるPoE(Power over Ethernet)機能に対応しているため、電源ケーブルの配線やコンセントの位置を気にすることなく設置することができるほか、「クリア」と「スモーク」の2種類の屋内ドームハウジング(オプション)の用意や、1台で卓上への据え置きと天井への取り付けの両方に対応するなど、さまざまな環境での設置が可能です。

【市場動向と開発の背景】

近年、さまざまな分野で映像監視に対する社会的ニーズが高まるなか、ネットワークカメラは店舗・ビル・工場などの遠隔映像監視を中心に需要が増加しています。また、カメラの設置場所が多様化するなか、店舗のレジや出入口、ビルの受付やエレベーターホールなど、被写体とカメラの設置距離が充分にとれない場所において、より広い視野を映し出すことができるネットワークカメラへの需要が高まってきています。
今回発売する“VB-C300”は、このような市場の要望を捉えて開発された製品で、水平画角70°のオートフォーカス機能付き広角ズームレンズを搭載するとともに、パン・チルト機能を備えることで、広い視野範囲の撮影を可能にした、新しいコンセプトのネットワークカメラです。さらに、低照度環境での撮影に対応しているほか、プログレッシブスキャンCCDによる高画質撮影などを実現しており、ユーザーニーズに合わせた監視システムを構築することができます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ