ニュースリリース

2007年1月17日

キヤノンが「Sateraシリーズ」のラインアップを大幅に強化
オールインワンタイプのレーザープリンター複合機“Satera MF4150/MF4130/MF4120”
A4対応の小型カラーレーザープリンター“Satera LBP5100”
高速化と小型化を追求したA3対応レーザープリンター“Satera LBP3970/LBP3920”



キヤノンは、A4対応のモノクロレーザープリンター複合機3機種とA4対応のカラーレーザープリンター1機種、A3対応の小型・高速のモノクロレーザープリンター2機種の合計6機種を本日から順次発売し、「Satera(サテラ)」シリーズのラインアップを大幅に拡充します。

Satera MF4150
Satera MF4150
Satera LBP5100
Satera LBP5100

Satera LBP3970
Satera LBP3970

キヤノン Satera MF4150‥‥オープン価格 (発売日:2007年1月25日)
キヤノン Satera MF4130‥‥オープン価格 (発売日:2007年1月25日)
キヤノン Satera MF4120‥‥オープン価格 (発売日:2007年1月25日)
キヤノン Satera LBP5100‥‥価格(税別)8万9,800円 (発売日:2007年2月下旬)
キヤノン Satera LBP3970‥‥価格(税別)14万8,000円 (発売日:2007年1月17日)
キヤノン Satera LBP3920‥‥価格(税別)12万8,000円 (発売日:2007年1月17日)

● Satera ホームページへ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
レーザープリンター:TEL 050-555-90061
レーザープリンター複合機:TEL 050-555-90024
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627 にお問い合わせください。



新製品はいずれも、素早い立ち上がりで定評のある「オンデマンド定着方式」や、高速で画像を処理する独自のページ記述言語など、優れた独自技術を継承しつつ、ビジネス用レーザープリンターおよびレーザープリンター複合機としての生産性をさらに高めたモデルです。

新製品“MF4150/MF4130/MF4120”は、コピー、プリンター、カラースキャナー、ファクス※1の4つの機能をデスクトップサイズのコンパクトボディにまとめた、オールインワンタイプのモノクロ複合機です。最大35枚までの原稿に対応したオートドキュメントフィーダー※2や自動両面印刷機能の標準装備に加え、9秒のファーストコピータイムを実現するなど、SOHOのメインマシンとしてはもちろん、一般オフィスのサブマシンとしても利用できる充実した性能を備えています。

新製品“LBP5100”は、高速カラー出力に加え、小型・省エネルギー・優れた使い勝手を高い次元で実現したA4対応のカラーレーザープリンターです。カラー毎分10枚、モノクロ同12枚の出力スピード(いずれもA4タテ)を備え、自動両面機能を標準装備した上でコンパクトな本体を実現しました。また、独自のプリンティングソフトウエア「Color CAPT(Canon Advanced Printing Technology)」により、解像度9,600dpi相当※3の鮮明なカラー出力と高速画像処理を実現しています。

新製品“LBP3970/LBP3920”は、高速化と小型化を追求したA3対応のモノクロレーザープリンターです。“LBP3970”は毎分35枚、“LBP3920”は同30枚の出力スピード(いずれもA4ヨコ)を備えており、大量印刷をストレスなく行えます。また、“LBP3970”はオプションの500枚ペーパーフィーダーを最大3段まで装着※4することが可能で、最大1,850枚の給紙を実現します。

※1 “MF4150”のみ。
※2 “MF4150/MF4130”のみ。
※3 エンジン解像度600dpiに多値処理を行った解像度です。
※4 “LBP3970”のみ。

【レーザープリンターの市場動向】

2006年のレーザープリンターの市場規模は、世界市場で約2,400万台、国内市場で約100万台でした。 そのうち、カラー出力モデルについては、オフィスにおける文書のカラー化が一層進み、世界市場では前年比120%の約380万台、また国内においては同100%の約30万台でした。
2007年のレーザープリンターの市場規模は、世界市場では前年比105%の約2,520万台に成長することが期待されています。また国内においては同100%の約100万台と推測しています。
一方、2006年のモノクロA4レーザープリンター複合機の市場規模は、世界市場で約70万台、国内市場では約6万台でした。2007年は、世界市場では前年比130%の約90万台、また国内においては同125%の約7万5千台と2ケタ成長が見込まれています。
(キヤノン調べ)

【開発の背景】

オフィス市場において、レーザープリンター/レーザープリンター複合機が広く普及する中、生産性の高い高速モノクロプリンターは業務効率化やセキュリテイ強化のためのさらなる高機能化が求められています。一方、SOHO市場においては、コピーやファクス、スキャナー機能付きの複合機や視認性と説得力に優れたカラードキュメントの印刷に対するニーズもさらに高まりつつあります。
こうした状況の中、キヤノンはより利便性を高めたコンパクトなレーザープリンター複合機3機種とA4対応のカラーレーザープリンター1機種、さらなる高速化を図ったモノクロレーザープリンター2機種を市場投入し、「Satera」シリーズのラインアップをさらに強化します。これにより、それぞれのオフィスにおけるさまざまな使用環境にきめ細かく対応し、業務の生産性向上に貢献して行きます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ