ニュースリリース

2007年2月8日

キヤノンがデジタルカメラPowerShot Aシリーズの新製品2機種を発売
DIGIC II・光学4倍ズームレンズを搭載した“PowerShot A550”、“PowerShot A460”



キヤノンは、コンパクトデジタルカメラPowerShot Aシリーズの新製品2機種を3月上旬より順次発売し、ラインアップのさらなる強化を図ります。

PowerShot A550
PowerShot A550
PowerShot A460
PowerShot A460

キヤノン デジタルカメラ PowerShot A550‥‥オープン価格 (発売日:2007年3月上旬)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A460‥‥オープン価格 (発売日:2007年3月上旬)

● コンパクトデジタルカメラホームページへ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A550 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A460 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90005
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9630 にお問い合わせください。



“PowerShot A550”は「A530」(2006年3月発売)の後継機種となるスタンダードモデルです。高性能映像エンジン「DIGIC II」と沈胴式光学4倍ズームレンズを踏襲しながら、CCDの高画素化(5.0メガピクセルから7.1メガピクセルへ)により、さらなる高画質を実現しました。
機能面では、被写体の明るさに応じて最高ISO 800まで自動的に感度アップを行う「高感度オート」を搭載しており、手ブレや被写体ブレの発生を抑制しています。また、高画素CCDを活かした「デジタルテレコン」や「セーフティズーム」などの先進機能を追加しました。
操作面では、液晶モニターを大型化(1.8型から2.0型へ)するとともに、モードダイヤルや操作ボタン類の配置を見直すことで、使い勝手をさらに高めています。またデザイン面では、優れたホールディング性により高い評価を得ているグリップスタイルを継承しました。

“PowerShot A460”は、「A430」(2006年3月発売)の後継機種となるエントリーモデルです。映像エンジン「DIGIC II」と沈胴式光学4倍ズームレンズを受け継ぎつつ、CCDの高画素化(4.0メガピクセルから5.0メガピクセルへ)と液晶モニターの大型化(1.8型から2.0型へ)を図ることにより、さらなる高画質化と操作性の向上を実現しました。
また、撮影した画像に特殊効果をつけて連続再生できる「スライドショー」を新たに搭載したほか、被写体に最短1cmまで近づける「スーパーマクロ撮影」、撮影場面に応じた8種類の「スペシャルシーン」モードなど、充実した撮影・再生機能を備えています。
ボディは「A430」同様、携帯性の高い横長フォルムにカラーパネルを組み合わせ、高品位に仕上げています。

【デジタルカメラ市場動向】

2006年のデジタルカメラの総出荷台数(全世界)は、対前年比21.9%増の約7,898万台、うち国内出荷は約942万台、輸出は約6,956万台でした。2007年においては、対前年比7.5%増の約8,487万台(国内出荷は約942万台、輸出は約7,545万台)になることが予想されています。(カメラ映像機器工業会調べ)

【開発の背景】

PowerShot Aシリーズは、多彩な撮影機能と優れたコストパフォーマンスの両立により、全世界で高い支持を受けてきました。
今回発売する新製品“PowerShot A550”および“PowerShot A460”は、従来モデルに比べてより一層の高画質化を達成しながらも、液晶モニターの大型化や操作性の向上を図ることで、初心者にも簡単に撮影を楽しめるモデルとして開発されました。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ