ニュースリリース

2007年4月27日

2009年キヤノンカレンダー写真作家が決定



キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:村瀬治男)は、2009年キヤノンカレンダーの写真作家を岩木登(いわきのぼる)氏に決定しました。

2009年キヤノンカレンダー写真作家・岩木登氏
2009年キヤノンカレンダー写真作家・岩木登氏

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンギャラリー S
TEL 03-6719-9021



キヤノンでは「自然と共生」をテーマに日本各地の風景写真を使用したカレンダーを毎年制作しており、2008年版より内容のいっそうの充実を目指し、カレンダーの作品を撮影する写真家の一般公募を始めました。その第二弾となる2009年版の公募では、プロ・アマチュア写真家を問わず83名の方々より応募が寄せられ、厳正な審査を経て岩木氏が選ばれました。岩木氏には今後約1年間、カレンダー作品の撮り下ろし撮影を委嘱します。

キヤノンマーケティングジャパンは、フォトコンテストの実施、写真ギャラリーやフォトサークルの運営なども行っており、今後も写真文化の更なる発展に尽力していきます。

■プロフィール

岩木 登(いわき のぼる)
1953年青森県十和田市に生まれる。
立教大学社会学部中退し、フリーランスの写真家となる。
1984年社団法人日本写真家協会(JPS)展入選。
1993年アートボックス大賞展入選。
2003年ニコン国際写真コンテスト(NIPC)佳作。
現在、JPS会員。

○写真集・出演
2003年NHK「小さな旅20周年特別番組・東京夜の光景」に出演。
2006年写真集『南八甲田の森をゆく』(ARTBOXインターナショナル社)を出版。

○写真展
1993年個展「幻色の都」(六本木アートボックスギャラリー)
2000年JPS「The Heart of Japan」展出品(1000人の写真家が見た日本)
2006年写真集「南八甲田の森をゆく」出版記念展/銀座ARTBOXギャラリー

■岩木氏メッセージ

キヤノンのカレンダー撮影という素晴らしいチャンスを与えてくれた皆さんに感謝します。
だけど僕はまだ、僕が撮りたいと思う風景にもほんの少ししか出会っていない。それに出会うために、僕はまだまだ多くの森を歩き川を遡行しなければいけないと思う。
また、地球自然環境がますます悪化している状況のなかで、僕にはもう一つの課題が与えられたのだと思う。大自然の手のひらのうえでしか存在し得ないからこそ僕たちは、環境問題への警鐘を鳴らし、人間と自然の共生を訴えていかなければならないという風景写真家のもうひとつの課題。
数多くの先人たちによる環境保全のための努力があったからこそ、日本にはまだ多くの美しい森や川が残されている。今や全世界的にみても絶望的に減少してしまったブナの原生林や日本独特の美しい山岳渓流を数多く残す八甲田と日本の自然を、その意味で希有なものとして、危うくて美しいのだと訴える力のあるものとして、撮り続けていきたいと思っています。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ