ニュースリリース

2007年5月17日

カラー液晶モニターの大型化と進化したユーザーインターフェースを採用
デジタルフォトの楽しみを広げるコンパクトフォトプリンター“SELPHY CP750/CP740”



キヤノンは、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話などからパソコンを使わずに簡単にプリントが楽しめるコンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」の新製品“SELPHY CP750/CP740”を、6月上旬より発売します。

SELPHY CP750
SELPHY CP750
SELPHY CP740
SELPHY CP740

キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP750‥‥ オープン価格(発売日:2007年6月上旬)
キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP740‥‥ オープン価格(発売日:2007年6月上旬)

● コンパクトフォトプリンターホームページへ
● キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP750 の商品紹介へ
● キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP740 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90013
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9556 にお問い合わせください。



新製品“SELPHY CP750/CP740”は、昨年発売した「SELPHY CP730/CP720」の後継機種として開発された昇華型コンパクトフォトプリンターです。カラー液晶モニターを、“CP750”は従来機種の2.0型から2.4型へ、“CP740”は1.5型から2.0型へとそれぞれ大型化し、画像選択時や各種設定時の操作画面を見やすく表示します。また、操作ボタン上の表記言語を日本語にするとともに、印刷設定などのユーザーインターフェースを見直すことで、より簡単にプリントすることができます。カメラとプリンターを直接つなぐカメラダイレクトをはじめ、メモリーカードをプリンターに直接挿入してプリントするカードダイレクトにも対応し、多彩な機器から簡単な操作でプリントが楽しめます。また、赤目補正機能の搭載に加え、従来機種より肌色の再現性を向上させるなど、人が見て美しいと感じる記憶色に基づいた色再現処理を改良することで、より一層の高画質化と色彩豊かで印象的な表現を可能にしています。

このほか、本体内蔵型の巻き取り式USBケーブル「くるくるケーブル」の採用、Lサイズ1枚あたり約50秒の高速プリント、ワイドサイズを含む4種類の用紙サイズへの対応など、従来機種の優れた機能や性能を継承しています。

上位機種となる“CP750”は、新たに高速赤外線通信規格IrSimpleに対応し、同規格に対応したカメラ付き携帯電話から赤外線通信を利用したワイヤレスプリント「プリントビーム」が行えます。また、前機種「CP730」から搭載され、デジタルカメラでも好評の「マイカラー」機能に、画像の青、緑、赤色をそれぞれ強調し、ポジフィルムで撮影した写真のように色鮮やかに印刷する「ポジフィルム」を追加し、プリントの楽しさを広げる機能をさらに充実させました。

 映像エンジン「DIGIC III」を搭載したキヤノン製コンパクトデジタルカメラとCPダイレクトで接続した場合。

【市場動向と開発の背景】

デジタルカメラをはじめ、デジタルビデオカメラやカメラ付き携帯電話などを使ったデジタルフォトの撮影枚数が飛躍的に増大しています。その結果、パソコンを保有しないユーザーや操作に不慣れなユーザーからは、パソコンなしで簡単に撮影した画像をプリントしたいというニーズが高まっています。
「SELPHY」は、簡単操作、高画質と高耐候性、場所を選ばない小型・軽量ボディをシリーズ共通の特長としたキヤノンの昇華型コンパクトフォトプリンターの世界統一ブランドです。
今回の新製品“SELPHY CP750/CP740”では、従来機種に比べてカラー液晶モニターの大型化やプリントの高画質化を図るとともに、快適な操作性やプリント機能の充実を実現しました。
キヤノンは、昇華型コンパクトフォトプリンターの製品として、小型・軽量ボディで場所を選ばず気軽にプリントできるSELPHY CPシリーズと、インク・用紙一体型カートリッジ「Easy Photo Pack」と充実したプリント機能により、新しい写真の楽しみ方を提供するSELPHY ESシリーズの2つのシリーズを展開することで、今後もより多くの人が楽しめるデジタルフォトライフを提案していきます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ