ニュースリリース

2007年11月22日

キヤノンが「iVIS HG10」用DVDライターを発売
パソコンを介することなく簡単に映像の保存が行える“DW-100”



キヤノンは、AVCHD規格対応のHDビデオカメラ「iVIS HG10」と接続することで、パソコンを介することなく、撮りためたハイビジョン映像を簡単に保存することが可能なDVDライター“DW-100”を、2008年3月より発売します。

DW-100
DW-100

キヤノン DVDライター DW-100‥‥オープン価格 (発売日:2008年3月)

● デジタルビデオカメラホームページへ
● キヤノン DVDライター DW-100 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90003
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9394 にお問い合わせください。



新製品“DW-100”は、内蔵ハードディスク(HDD)にハイビジョン映像を記録できるHDビデオカメラ「iVIS HG10」(2007年8月発売)とUSBケーブルで接続することで、撮りためた映像をシンプルな操作で12cmDVDに記録することが可能なDVDライターです。
また、“DW-100”で作成した12cm DVDディスクの映像は、「iVIS HG10」を介してテレビに出力することも可能で、保存したハイビジョン映像をテレビやモニターで楽しむことができます。
デザイン面では、ピアノブラック色の外装を施しながら、「Power/Mode」「Start」「Open/Close」の3つのボタンをシンプルに配置することにより、高級感あふれる本体に仕上げています。


「iVIS HG10」と“DW-100”を接続して12cmDVDディスクを作成するためには、同梱ディスクによる「iVIS HG10」のバージョンアップが必要です。
「iVIS HG10」以外のビデオカメラと接続して12cmDVDディスクを作成・再生することはできません。2007年11月22日現在。
“DW-100”とテレビを直接接続して再生することはできません。
“DW-100”で作成した12cmDVDディスクのみ再生可能です。
“DW-100”で作成した12cmDVDディスクは、市販のDVDプレーヤーでは再生できません。
AVCHD規格に対応したDVDディスクの作成に対応予定。

【市場動向と開発の背景】

近年、ハイビジョン映像が記録できるHDビデオカメラの市場は急速に拡大しています。キヤノンでは、miniDVテープや8cmDVDにハイビジョン映像を記録するモデルのほかに、40GBの内蔵HDDに長時間記録することが可能な「iVIS HG10」を市場に投入しています。現在、市場ではHDDなどの内蔵メディアに記録した映像をDVDディスクに簡単に保存したいという要望が高まりつつあります。 今回発売する“DW-100”は、このような市場動向を捉えて開発したもので、キヤノンとして初のDVDライターです。“DW-100”を「iVIS HG10」とUSBケーブルで接続することで、パソコンを介することなく、撮りためたハイビジョン映像を12cmDVDディスクに記録できます。また、「iVIS HG10」を介してテレビに出力することで、ハイビジョン画質のまま再生することも可能です。
キヤノンでは、今後もイメージングに関する多様な製品展開を図ることにより、ユーザーのニーズに的確に対応していきます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ