ニュースリリース

2008年1月24日

キヤノンがコンパクトデジタルカメラのラインアップを強化
5色のカラーバリエーションを用意した“IXY DIGITAL 20 IS”など5機種を発売



キヤノンは、コンパクトデジタルカメラの新製品として、IXY DIGITALシリーズ2機種とPowerShotシリーズ3機種の計5機種を、2月上旬より順次発売します。

IXY DIGITAL 20 IS
IXY DIGITAL 20 IS
 
IXY DIGITAL 910 IS(シルバー)
IXY DIGITAL 910 IS
(シルバー)

PowerShot A590 IS
PowerShot A590 IS
PowerShot A580
PowerShot A580

PowerShot A470
PowerShot A470

キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 20 IS‥‥オープン価格 (発売日:2008年3月上旬)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A590 IS‥‥オープン価格 (発売日:2008年2月下旬)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A580‥‥オープン価格 (発売日: 2008年2月下旬)
キヤノン デジタルカメラ PowerShot A470‥‥オープン価格 (発売日:2008年2月下旬)
キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 910 IS
(シルバー)
‥‥オープン価格 (発売日:2008年2月上旬)

● コンパクトデジタルカメラホームページへ
● キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 20 IS の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A590 IS の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A580 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ PowerShot A470 の商品紹介へ
● キヤノン デジタルカメラ IXY DIGITAL 910 IS(シルバー) の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90005
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9630 にお問い合わせください。



新製品“IXY DIGITAL 20 IS”、“PowerShot A590 IS”、“PowerShot A580”、“PowerShot A470”は、いずれも、新たに「モーションキャッチテクノロジー」を搭載するとともに、高性能映像エンジン「DIGIC III」に盛り込まれた「フェイスキャッチテクノロジー」と「ノイズリダクションテクノロジー」により、美しい写真を簡単に撮影できます。
「モーションキャッチテクノロジー」は、被写体の動きをカメラが自動的に検知するキヤノン独自の新技術です。被写体の動きの有無に応じてブレの制御と画質のバランスをカメラが自動で判断し、最適なISO感度設定を行います。また、人物の顔を綺麗に写す「フェイスキャッチテクノロジー」の進化により、人物を中心にホワイトバランスを調整する「顔優先WB」や、撮影時の「赤目補正」が可能になりました。さらに、「ノイズリダクションテクノロジー」により、ISO 1600までの高感度撮影を実現しています。

“IXY DIGITAL 20 IS”は、コンパクトなボディとスタイリッシュなデザインで人気を博した「10」(07年3月発売)の後継機種です。新たに光学手ブレ補正機能を搭載した光学3倍ズームレンズと、高精細800万画素CCDを搭載しています。デザイン面では、IXY DIGITALシリーズの中核モデルとして初めて、5色のカラーバリエーションを用意しました。「ホワイト」や「ピンク」など、毎日持っていても飽きのこない5色のボディカラーから、ユーザーの好みに応じて選ぶことができます。また、ボディに発色の良い純アルミ素材を採用し、「10」から受け継ぐスクエアフォルムを基調としながらも、「Curvature Design」の手法を用いた滑らかな曲面を取り入れることで、5色のボディカラーを引き立たせています。さらに、コントラスト比の向上と、視野角による表示色の変化の低減により、視認性を高めた2.5型「クリアライブ液晶U」モニターを採用し、使い勝手の向上を図りました。

“PowerShot A590 IS/A580”は、昨年発売の「A570 IS/A560」の後継機種で、使いやすさに定評のあるPowerShotシリーズのスタンダードモデルです。いずれもユーザーから高い評価を得ている光学4倍ズームレンズを継承し、高精細800万画素CCDを搭載しています。新たに搭載した「らくらく」モードを利用すれば、カメラが自動的に最適な撮影条件を設定するため、初心者でも迷うことなく簡単に綺麗な写真を撮影できます。ホールディング性の高いグリップスタイルと「Curvature Design」を用いた手に馴染みやすいフォルムの採用により、安定感のあるデザインに仕上げました。
“A590 IS”は、光学手ブレ補正機能や、オートからマニュアル設定までを含む19種類の撮影モードを搭載しているほか、ワイドコンバーターやテレコンバーターなどの光学アクセサリーにも対応しています。

“PowerShot A470”は、「A460」(07年3月発売)の後継機種となるPowerShotシリーズのエントリーモデルです。映像エンジンを従来機種の「DIGIC U」から「DIGIC III」に進化させ、高精細710万画素CCDと光学3.4倍ズームレンズを搭載することにより、さらなる高画質化と高機能化を実現しています。また、携帯性に優れた横長フォルムに、2.5型に大型化した液晶モニターを装備し、使い勝手がより一層向上しています。さらに、被写体に最短1cmまで近づける「スーパーマクロ」や、新たに「水族館」「夕焼け」を加えた10種類のスペシャルシーンモードなど、充実した撮影機能を備えています。

同時に、昨年9月の発売以来好調な販売を続けている「IXY DIGITAL 910 IS」のカラーバリエーションモデルとして、レンズ鏡筒とリング部分にシルバーパーツを採用した“IXY DIGITAL 910 IS(シルバー)”を発売します。

【デジタルカメラ市場動向】

2007年のコンパクトデジタルカメラ市場(全世界)は、2006年の9,200万台という実績数から1億台の市場規模を予想していましたが、想定をはるかに上回るペースで市場が拡大し、1億1,000万台程度の出荷台数が見込まれています。顔検出技術や手ブレ補正、高感度撮影や液晶の大型化など、高度な技術の搭載により数年前と比較してカメラの性能や使い勝手が大幅に向上していることが、ユーザーの買い替えや買い増しを喚起しており、2008年も引き続き市場の拡大が期待されます。(キヤノン調べ)
このページのトップへ
戻る
このページのトップへ