ニュースリリース

2008年2月5日

キヤノンがオフィス用カラー複合機のラインアップを強化
出力速度を向上させた中速・普及クラス6モデル
基本機能を備えたエントリーモデル“iR C2550F”



キヤノンは、オフィス用カラー複合機の新製品として、「Color imageRUNNER(カラー・イメージランナー)」シリーズの4機種7モデルを2月12日に発売します。

iR C4080F
iR C4080F
オプションの「サドルフィニッシャー・W2」など装着時。
iR C2550F
iR C2550F
オプションの「2段カセットペディスタル・Y3」など装着時。

キヤノン Color imageRUNNER iR C4080‥‥ 価格(税別)185万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C4080F‥‥ 価格(税別)225万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C3580‥‥ 価格(税別)140万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C3580F‥‥ 価格(税別)180万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C3080‥‥ 価格(税別)125万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C3080F‥‥ 価格(税別)165万円(発売日:2008年2月12日)
キヤノン Color imageRUNNER iR C2550F‥‥ 価格(税別)145万円(発売日:2008年2月12日)
原稿台カバーを標準搭載した圧板タイプと自動原稿送り装置を標準搭載したDADFタイプを用意して
います。価格は、圧板タイプを表記しています。

● Color imageRUNNER ホームページへ
● キヤノン Color imageRUNNER iR C4080/C4080F の商品紹介へ
● キヤノン Color imageRUNNER iR C3580/C3580F の商品紹介へ
● キヤノン Color imageRUNNER iR C3080/C3080F の商品紹介へ
● キヤノン Color imageRUNNER iR C2550F の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
TEL 050-555-90051
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9319 にお問い合わせください。



新製品はいずれも、コピー、プリント、スキャン、ファクスなど各機能のデータを高速で処理する第3世代の「カラーiRコントローラ」を搭載しています。また、本体のハードディスクに残る画像データの暗号化や完全消去をはじめとする、さまざまなセキュリティ機能にも対応しています。

新製品“iR C4080F”は、システムの拡張性に優れた「iR C3880F」(2006年7月発売)の後継機種で、従来機種同様、豊富なオプション群に対応しながら、モノクロの出力速度を毎分38枚から40枚(A4ヨコ)に向上させた中速モデルです。
新製品“iR C3580F/iR C3080F”は、「iR C3380F/iR C2880F」(2006年9月発売)の後継機種で、省エネルギー・省スペースの両立はそのままに、出力速度を向上させた普及モデルです。従来機種に比べて、“iR C3580F”は、モノクロの出力速度を毎分33枚から35枚に、“iR C3080F”はカラーを同26枚から28枚に、モノクロを同28枚から30枚(いずれもA4ヨコ)にそれぞれ高めています。
新製品“iR C2550F”は、上位機種“iR C3080F”の基本機能を装備しながら、カラー毎分23枚、モノクロ同25枚(いずれもA4ヨコ)の出力速度を備えたエントリーモデルです。

なお、新製品“iR C4080F/iR C3580F/iR C3080F”は、コピー機能に特化したモデルとして、“iR C4080/iR C3580/iR C3080”をそれぞれ用意しており、ユーザーが使用環境に合わせて好みのモデルを選択することが可能です。

オプションが必要です。

【カラー複合機の市場動向】

2007年のカラー複合機の市場規模は、世界市場で約87万台、国内市場で約30万台でした。2008年においては、世界市場で前年比約25%増の約109万台、国内市場では約10%増の約33万台と予想しています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

キヤノンのオフィス用カラー複合機「Color imageRUNNER」シリーズは、カラー・モノクロともほぼ同速で出力が行えるモデルと、モノクロの生産性に重きをおいたモデルの2つのタイプを擁しています。
今回発売する7モデルは、いずれもカラー・モノクロともほぼ同速で出力が行えるタイプの製品です。そのうち、“iR C4080/iR C4080F/iR C3580/iR C3580F/iR C3080/iR C3080F”の6モデルは、さらなる生産性の向上を追求して開発された中速・普及クラスの新製品です。一方、“iR C2550F”はオフィス用カラー複合機をより幅広い業態で使用できるように、新たなラインアップとして開発されたエントリーモデルです。
キヤノンは、「Color imageRUNNER」シリーズのラインアップを強化・拡充することにより、多様化が進むオフィスのニーズに的確に応えていきます。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ