ニュースリリース

2008年2月27日

インクジェットプリンター「PIXUS」の新製品2機種を発売
自動両面原稿送り装置搭載のホームオフィス向けインクジェット複合機“PIXUS MX850”
さらなる薄型化とスタイリッシュなデザインを実現したエントリーモデル“PIXUS iP2600”



キヤノンは、インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品2機種を、3月6日に発売します。

PIXUS MX850
PIXUS MX850
PIXUS iP2600
PIXUS iP2600

キヤノン PIXUS MX850‥‥ オープン価格(発売日:2008年3月6日)
キヤノン PIXUS iP2600‥‥ オープン価格(発売日:2008年3月6日)

● キヤノンピクサスホームページへ
● キヤノン PIXUS MX850 の商品紹介へ
● キヤノン PIXUS iP2600 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

お客様相談センター
PIXUS MX850:TEL 050-555-90015
PIXUS iP2600:TEL 050-555-90011
海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、PIXUS MX850はTEL 043-211-9631に、PIXUS iP2600はTEL 043-211-9330にお問い合わせください。



新製品“PIXUS MX850”は、昨年10月の発売以来好評の「PIXUS MP610」のプリント基本機能をベースに、オフィスユースにも適した機能を搭載したインクジェット複合機です。A4原稿が最大35枚まで積載可能※1な自動両面原稿送り装置(ADF:オートドキュメントフィーダー)や高速ファクス、有線LAN接続など、多彩な機能を搭載しています。
また、最高9,600※2×2,400dpiの高解像度や最小1pl(ピコリットル)の極小インク滴、5色インクシステム、紙送り精度を高いレベルでコントロールする「ダブルエンコーダーシステム」、さらには、3種類のインク滴を効果的に使い分ける「3サイズドロップレット技術」などを採用しました。これらにより、高精細な画質を保ちながら、L判フチなし写真を約18秒※3でプリントするなど、さらなる高速化を実現しています。
さらに今回、インクタンクのマルチパックシリーズに、「BCI-7e 4色(BK/C/M/Y)+BCI-9BKマルチパック」と「BCI-7e 3色(C/M/Y)マルチパック」の2種類をラインアップに新たに追加します。

新製品“PIXUS iP2600”は、「SUPER PHOTO BOX(スーパーフォトボックス)」の愛称で親しまれているスタイリッシュなボックスデザインを採用し、エントリーモデルながら高級感溢れる外観に仕上げました。また、本体の高さを従来機種「PIXUS iP2500」(2007年4月発売)より10mm低くし、さらにプリンター上部には本体をより低く見せる効果を生み出すシルバーの水平ラインを施しています。さらに、最高4,800※4×1,200dpiの高解像度と最小2pl(ピコリットル)の極小インク滴による高画質なプリントを実現しています。

撮影された写真画像に対して、顔検出とシーン解析を行い、その結果に応じて自動的に適切な補正を行う「自動写真補正」機能※5を搭載しました。
また、「PIXUS」が誇る高密度プリントヘッド技術「FINE(Full-photolithography Inkjet Nozzle Engineering)」による高速・高画質プリントを実現しながら、機能性にすぐれた斬新なデザインや、長期間にわたり写真の美しさを保つ「ChromaLife(クロマライフ)100」などを継承しています。

※1A4/レター/リーガルの普通紙に対応。
※2最小1/9,600インチのドット(インク滴)間隔で印刷します。
※3キヤノン写真用紙・光沢 ゴールドに「ISO/JIS SCID N2」をドライバーの初期設定モードで印刷した場合。プリントスピードはシステム環境、使用するインターフェース、使用するソフトウエア、プリンタードライバーの設定、原稿の内容、用紙の種類等により異なります。また、パソコンのデータ処理時間は含みません。
※4最小1/4,800インチのドット(インク滴)間隔で印刷します。
※5“PIXUS iP2600”は同梱のソフトウエア「Easy-PhotoPrint EX」からのプリント時のみ。

【市場動向】

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2007年の国内出荷台数は約610万台、世界では約9,306万台が見込まれています。2008年は、デジタルカメラ市場における一眼レフカメラのより一層の普及や、コンパクトデジタルカメラの大幅な性能と使い勝手の向上などによる買い替えや買い増しの動きにより、プリンターにもフォトの出力を中心としたさらなるニーズの高まりが予想されるほか、高付加価値の複合機が牽引する形で、インクジェットプリンター市場全体の活性化が見込まれています。

出典:IDC「Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2007.Q3」

【開発の背景】

この数年、インクジェットプリンターは飛躍的な画質の向上と高速化を遂げてきました。インクジェット複合機の市場が急速に拡大していく中、さらなる多機能化が進むとともに、ユーザーの視点は操作性やデザインの良さに加え、トータルな面での「簡単さ」に向けられつつあります。
キヤノンはこの背景のもと、ホームユーザーのみならず、オフィスユーザーもターゲットに、自動両面原稿送り装置や有線LAN機能、「自動写真補正」機能など、充実した機能を備えた“PIXUS MX850”を発売します。また、根強い人気のある単機能の「PIXUS iPシリーズ」では、本体のさらなる薄型化の実現と利便性を向上した“PIXUS iP2600”を市場に投入します。
キヤノンはインクジェットプリンターの基本性能である画質とスピードのさらなる向上はもちろん、インテリアに調和する洗練されたデザインと快適な操作性を追求した新製品を提供することで、より幅広いユーザーに付加価値を提供し、これからもデジタルフォトをリードしていきたいと考えています。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ