ニュースリリース

2008年5月15日

キヤノンが「Satera」シリーズのラインアップを強化
高さ262mmのコンパクトなA4対応カラーレーザープリンター“LBP5050”など4機種を発売



キヤノンは、A4対応のカラーレーザープリンター2機種と、A3対応およびA4対応のモノクロレーザープリンター各1機種の合計4機種を5月22日より順次発売し、「Satera(サテラ)」シリーズのラインアップを強化します。

Satera LBP5050
Satera LBP5050
Satera LBP3980
Satera LBP3980

Satera LBP3100
Satera LBP3100

キヤノン Satera LBP5050‥‥価格(税別)6万4,800円(発売日:2008年5月22日)
キヤノン Satera LBP5050N‥‥価格(税別)7万9,800円(発売日:2008年5月22日)
キヤノン Satera LBP3980‥‥価格(税別)14万8,000円(発売日:2008年6月上旬)
キヤノン Satera LBP3100‥‥オープン価格(発売日:2008年8月)
 発売日を5月15日から5月22日に訂正いたします。

● Satera ホームページへ
● キヤノン Satera LBP5050 の商品紹介へ
● キヤノン Satera LBP5050N の商品紹介へ
● キヤノン Satera LBP3980 の商品紹介へ
● キヤノン Satera LBP3100 の商品紹介へ

この件に関するお問い合わせ先

キヤノンお客様相談センター
レーザープリンター:TEL 050-555-90061

海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627にお問い合わせください。




新製品はいずれも、素早い立ち上がりと低消費電力で定評のある「オンデマンド定着方式」や、待機時に消費電力を抑える制御機能を採用しており、「国際エネルギースタープログラム」で定められた標準消費電力量(TEC基準※1)を達成しています。中でも“LBP5050/5050N”および“LBP3100”はそれぞれA4カラー機、A4モノクロ機の各カテゴリーでトップクラスの値を実現しています。※2

新製品“LBP5050/5050N”は、「LBP5000」(2005年10月発売)の後継機種で、さらなるコンパクト化を追求したA4対応のカラーレーザープリンターです。新開発の小型エンジンを搭載することで、高さ262mmというコンパクトなボディと、カラー毎分8枚、モノクロ毎分12枚(いずれもA4タテ)の出力スピードを実現しました。また、本体前面でトレイを引き出してトナーカートリッジを装着する「スライドトレイ方式」の採用により、プリンターをラックなどに設置したままでも消耗品の交換を行うことができます。さらに、“LBP5050N”は、ネットワークボードを標準で装備しているため、共有プリンターとして利用することも可能です。

新製品“LBP3980”は、業務用途に適したA3対応のモノクロレーザープリンター「LBP3970」(2007年1月発売)の後継機種で、毎分35枚(A4ヨコ)の高速出力が行えます。幅100mmから297mmまでの多様な用紙に対応するペーパーフィーダー(オプション)を利用すれば、帳票など幅の狭い不定形用紙に印刷することも可能です。また、ペーパーフィーダー(オプション)は3段まで増設可能で、最大1,850枚の大量印刷をストレスなく行うことができます。

新製品“LBP3100”は、小型化と高速化を追求したA4対応のモノクロレーザープリンターです。新開発の小型エンジンの搭載により、毎分16枚(A4タテ)の出力スピードを達成しながらコンパクトなボディを実現しました。

※1概念的1週間(稼働とスリープ/オフが繰り返される5日間とスリープ/オフ状態の2日間)における消費電力量。新製品のTEC値はそれぞれ“LBP5050/5050N”が1.47kWh、“LBP3980”が3.09kWh、“LBP3100”が0.526kWh。
※2財団法人 省エネルギーセンターがホームページにて公開している2007年度に登録された国際エネルギースタープログラム使用製品との比較において。2008年5月12日現在。

【レーザープリンターの市場動向】

2007年のレーザープリンターの市場規模は、世界市場で約2,560万台、国内市場では約93万台でした。2008年のレーザープリンターの市場規模は、世界市場では前年比102%の約2,600万台、国内においては同100%の約93万台に成長することが見込まれています。(出典:2007年第4四半期 IDC)

【開発の背景】

オフィス市場やSOHO市場において、生産性の高いモノクロレーザープリンターや視認性などに優れたカラーレーザープリンターが普及するにつれて、基本性能である出力スピードや画質のさらなる向上だけでなく、用途に応じた操作性や拡張性の向上が一層求められるようになってきています。
こうした市場動向をとらえて、高速出力のカラーレーザープリンター2機種と、業務用プリンターとして不定形用紙への対応力を高めたA3対応モノクロレーザープリンター1機種、さらに、小型化と利便性の向上を追求したSOHO向けA4対応モノクロレーザープリンター1機種の合計4機種を市場に投入します。キヤノンでは、「Satera」シリーズにおいてモノクロ、カラーともに豊富なラインアップを提供することにより、ますます多様化が進むユーザーニーズに柔軟に対応していきたいと考えています。

このページのトップへ
戻る
このページのトップへ