ニュースリリース

2009年1月15日

新開発の859万画素CMOSセンサーとDIGIC DV IIIを搭載した“iVIS HF S10”など
フラッシュメモリー内蔵のHDビデオカメラ2機種とSDビデオカメラ1機種を発売


キヤノンは、デジタルビデオカメラの新製品として、AVCHD規格最高レートの24Mbpsで高精細なハイビジョン映像を記録するHDビデオカメラ2機種と、スタンダード画質で記録するビデオカメラ1機種の計3機種を、1月下旬より順次発売します。いずれの機種も、映像の記録用に内蔵フラッシュメモリーとSD/SDHCカードスロットのダブルメモリーを搭載しています。

  • フルハイビジョン(1,920×1,080画素)記録はSDHCカードClass4以上のカードが必要です。それ以外はClass2以上のカードを推奨。SD/SDHCカードは別売りです。
iVIS HF S10
iVIS HF S10
iVIS HF20
iVIS HF20
iVIS FS21
iVIS FS21
  • キヤノン HDビデオカメラ iVIS HF S10
    オープン価格(発売日:2009年2月中旬)
  • キヤノン HDビデオカメラ iVIS HF20
    オープン価格(発売日:2009年2月中旬)
  • キヤノン デジタルビデオカメラ iVIS FS21
    オープン価格(発売日:2009年1月下旬)
この件に関するお問い合わせ先
お客様相談センター
TEL 050-555-90003
  • 海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9394にお問い合わせください。

新製品“iVIS HF S10”は、iVISシリーズの最上位機種として高い画質と優れた性能を備えたモデルです。8メガの静止画とフルハイビジョン動画の記録を可能にする総画素数859万画素の「キヤノン フルHD CMOS」や、光学式手ブレ補正機能付き光学10倍ズーム「キヤノン HDビデオレンズ」に加え、さらなる高速化と高画質化を図った新開発の映像エンジン「DIGIC DV III」を搭載しています。CMOSセンサー、レンズ、映像エンジンのすべてに最新技術を投入することにより、民生機で最高レベルの約900TV本の水平解像度を実現しています。さらに、デジタルカメラの「フェイスキャッチテクノロジー」を応用し、動画への最適化を図ることで、動いたり横や下を向いた人物も正確に顔を検出し、きれいに撮影できるようになりました。また、32GBの内蔵フラッシュメモリーや、高速で高精度なピント合わせが可能な「ハイスピードAF」に加え、使用頻度の高い機能を登録できるカスタムダイヤルやカスタムキーを搭載するなど、最上位機種にふさわしい仕様に仕上げています。その他に、スナップ写真の感覚で4秒間の動画を撮影し、内蔵の音楽と一緒に再生できる「ビデオスナップ」や、撮影ボタンを押す3秒前までさかのぼって録画ができる「プレREC」など、多彩な機能を備えています。

新製品“iVIS HF20”は、フルハイビジョンの高画質と使い勝手の良さで好評の「iVIS HF11」(2008年8月発売)の後継機種で、新開発の総画素数389万画素「キヤノン フルHD CMOS」を採用し、32GBのフラッシュメモリーを内蔵したダブルメモリー機です。約17%の小型化と30gの軽量化を実現しています。また、新映像エンジン「DIGIC DV III」、「フェイスキャッチテクノロジー」、「ハイスピードAF」を採用し、より一層の高画質記録が可能になりました。さらに、「ビデオスナップ」や「プレREC」など、多彩な機能を搭載しています。

また、併せて「iVIS FS10」(2008年4月発売)の後継機種にあたるスタンダード画質対応の新製品“iVIS FS21”も発売します。48倍の「アドバンストズーム」や高性能映像エンジン「DIGIC DV Ⅱ」の採用など、従来機種の優れた基本性能はそのままに、約3mmの薄型化(幅)と約8%の小型化に加え、内蔵フラッシュメモリーの容量を8GBから16GBに増やしました。さらに、低消費電力化によりフル充電の付属バッテリーで約3時間35分の連続撮影を可能にしました。

  • SPモード、内蔵メモリー使用、液晶モニター明るさ:ノーマル、AF合焦時

【デジタルビデオカメラの市場動向】

2008年は米国発の金融不安をきっかけに下期後半の急激な景気減速がありました。ビデオカメラ市場においては2009年もこの影響を受けるものの、市場のトレンドは、引き続きハイビジョン化が進むものと予想されます。

【開発の背景】

近年、デジタルハイビジョン放送の普及やハイビジョン対応の薄型テレビ市場の拡大に伴い、家庭用ビデオカメラにおいても、さらなる高画質化が求められています。また、記録メディアに関しては大容量化に加え、小型化や耐振性に優れるフラッシュメモリーが注目を集めています。今回発売する3機種は、いずれもキヤノンが他社に先駆けて内蔵フラッシュメモリーとSD/SDHCカードに記録できる製品として、市場で好評を博してきたダブルメモリータイプの新製品です。キヤノンでは、今後も市場の状況に応じたラインアップを展開し、幅広いユーザーのニーズに的確に対応していきます。

戻る

このページのトップへ