ニュースリリース

2009年2月26日

キヤノンが「Satera」シリーズにおけるカラーレーザープリンターのラインアップを強化
優れた環境性能を誇るA3対応の“Satera LBP9600C”など5機種


キヤノンは、カラーレーザープリンターの新製品として、A3対応3機種とA4対応2機種の計5機種を3月中旬に発売し、「Satera(サテラ)」シリーズのラインアップを強化します。

Satera LBP9600C
Satera LBP9600C
Satera LBP7200C
Satera LBP7200C
  • キヤノン Satera LBP9600C
    価格(税別)24万8,000円 (発売日:2009年3月中旬)
  • キヤノン Satera LBP9500C
    価格(税別)19万8,000円 (発売日:2009年3月中旬)
  • キヤノン Satera LBP9100C
    価格(税別)13万8,000円 (発売日:2009年3月中旬)
  • キヤノン Satera LBP7200C
    価格(税別)8万9,800円 (発売日:2009年3月中旬)
  • キヤノン Satera LBP7200CN
    価格(税別)9万9,800円 (発売日:2009年3月中旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90061
  • 海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9627 にお問い合わせください。

新製品はいずれも高性能と省エネルギーを高い水準で両立させたモデルで、素早い立ち上がりと低消費電力で定評のある「オンデマンド定着方式」や、待機時に消費電力を抑える制御機能を採用しています。これにより、「国際エネルギースタープログラム」で定められた標準消費電力量(TEC基準※1)を達成しており、“LBP9600C/9500C”はA3カラー30枚機、“LBP9100C”はA3カラー20枚機、“LBP7200C/7200CN”はA4カラー20枚機において、それぞれトップクラスの値※2を実現しています。

新製品“LBP9600C/9500C/9100C”は、従来機種の高速、高性能、コンパクトなボディを継承しつつ、環境性能と操作性をより高めたA3対応のカラーレーザープリンターです。いずれの機種も、高速4連タンデムエンジンを採用しており、“LBP9600C/9500C”はカラー/モノクロともに毎分30枚、“LBP9100C”は同20枚(いずれもA4)の出力スピードを備えています。また、待機時※3の消費電力が1Wという省エネルギー化を実現しています。
操作部には従来の1行から5行※4に拡大して視認性を高めた「ワイドLCDパネル」を採用し、アニメーションで作業手順を分かりやすくガイドすることで操作性を向上させています。さらに、給紙カセットやカバーなどを軽く押すだけで簡単に閉じることが可能な「クローズアシスト機構」や、本体に新しいカートリッジをセットするだけでトナーシールを自動的に巻き取る機構などを採用しており、イージーメンテナンスを実現しています。

新製品“LBP7200C/7200CN”は、コンパクトなボディを継承しながらさらなる高性能化と省エネルギー化を図ったA4対応のカラーレーザープリンターです。カラーで従来機種の毎分10枚から20枚に、モノクロで同12枚から20枚(いずれもA4)に印刷スピードの高速化を図ったほか、待機時の消費電力は6Wから4W※5へとさらなる省エネルギー化を実現しています。また、自動両面印刷機能を標準で装備しており、省資源化やコスト削減が図れます。

  • ※1 TEC値とは「Typical Electricity Consumption」の略で、財団法人 省エネルギーセンターの「国際エネルギースタープログラム」に適合するための基準値。概念的1週間(稼働とスリープ/オフが繰り返される5日間とスリープ/オフ状態の2日間)における消費電力量を指す。
  • ※2 財団法人 省エネルギーセンターがホームページにて公開している2008年度に登録された国際エネルギースタープログラム使用製品との比較において。2009年2月24日現在。
  • ※3 スリープ時。
  • ※4 “LBP9600C/9500C”のみ。
  • ※5 スリープ時、“LBP7200C”の場合。“LBP7200CN”は6.5W。

【カラーレーザープリンターの市場動向】

2008年のカラーレーザープリンターの市場規模は、世界市場で約400万台、国内市場で約25万台でした。2009年においては、世界市場で約403万台、国内市場では約25万台と予想しています。(キヤノン調べ)

【開発の背景】

文書のカラー化が進むオフィスにおいて、業務効率化を目的とした機能が充実し、使い勝手の良い省スペースのカラープリンターが求められています。また、消費電力の抑制など環境配慮に対するニーズもますます高まってきています。
こうした中、キヤノンは、プリント速度や操作性を向上させると同時に、優れた環境性能を実現したカラーレーザープリンター5機種を市場に投入します。
高機能と省エネルギーを高い水準で両立させたモデルを提供することにより、オフィスにおける文書のカラー化を一層推進するとともに、オフィスの業務効率化と環境への配慮に的確に対応していきます。

戻る

このページのトップへ