ニュースリリース

2009年9月8日

A3対応のビジネス向けインクジェットプリンターの新製品
普通紙に高品位なテキストと写真がプリントできる“PIXUS iX7000”


キヤノンは、インクジェットプリンター「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、A3対応のビジネス向けインクジェットプリンター“PIXUS iX7000”を9月中旬より発売します。

PIXUS iX7000
PIXUS iX7000
  • キヤノン PIXUS iX7000
    オープン価格 (発売日:2009年9月中旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL 050-555-90011
  • 海外からご利用の場合、または050からはじまるIP電話番号をご利用いただけない場合は、TEL 043-211-9330 にお問い合わせください。

新製品“PIXUS iX7000”は、普通紙に印刷した際のインクの定着性と発色性を高めるキヤノン独自の「PgR(Pigment Reaction)」技術を搭載しています。普通紙の表面全体に塗布するクリアインクと、耐候性や耐水性に優れた5色の顔料インクにより、普通紙に高品位なテキストと写真をプリントすることが可能です。テキストは文字の輪郭がにじむことなく、くっきりとシャープに、写真は高発色で高精細にプリントできます。

A3サイズまでの普通紙やA3ノビサイズまでの写真用紙・ファインアート紙など、多彩なプリントメディアに対応するとともに、普通紙を250枚まで積載することが可能な大容量の前面給紙カセットや手差し給紙、写真用紙などに対応した後トレイを装備するなど、充実のマルチペーパーハンドリングを実現しています。

また、普通紙の表と裏に自動的に印刷する「自動両面プリント」機能がA3サイズまで対応可能になったほか、有線LANにも標準で対応しており、ビジネスシーンに適した多くの機能を搭載しています。

そのほか、提案書などのビジネス文書やポスター、チラシなど、さまざまな業種や業態で役立つ多彩なテンプレートを専用ウェブサイトからダウンロードして利用することができます。

【インクジェットプリンターの市場動向】

インクジェットプリンターおよびインクジェット複合機の市場において、2008年の国内出荷台数は約606万台、世界では約8,554万台でした。2009年は、世界的な景気減速の影響は受けるものの、インクジェットプリンター市場全体としては、写真の出力が増加するとともに、複合機をはじめとする高付加価値のプリンターへの買い換えが進むと予想されます。

  • 出典:IDC「Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker 2009.2Q」

【開発の背景】

この数年、インクジェットプリンターは飛躍的な画質の向上と高速化を遂げてきました。また、インクジェット複合機の市場が急速に拡大していく中、さらなる多機能化も進んでいます。そのような中、ビジネスでの用途を中心に、A3サイズに対応した単機能のインクジェットプリンターに対するニーズは根強いものがあります。
キヤノンはこの背景のもと、ビジネスユーザーを主なターゲットに、普通紙に印刷した際のインクの定着性と発色性を高め、高品位なテキストと写真をプリントできる「PgR」技術を搭載し、A3ノビサイズまでの多彩なプリントメディアに対応した“PIXUS iX7000”を発売します。
キヤノンはインクジェットプリンターの基本性能である画質とスピードのさらなる向上はもちろん、幅広いユーザーのニーズに応じたラインアップを豊富に取り揃えることにより、これからも新しいデジタルフォトライフを提案していきたいと考えています。

戻る

このページのトップへ