ニュースリリース

2009年10月20日

幅広いISO感度設定に対応
AF性能を大きく向上させたプロ用デジタル一眼レフカメラ“EOS-1D Mark IV”


キヤノンは、報道やスポーツ写真に最適なプロ用デジタル一眼レフカメラ“EOS-1D Mark IV”を12月下旬に発売します。

EOS-1D Mark IV
EOS-1D Mark IV
  • EOS-1D Mark IV
    オープン価格 (発売日:2009年12月下旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90002

新製品“EOS-1D Mark IV”は、基本性能を大きく向上させながら、これまで寄せられたプロユーザーからの要望にきめ細かく対応することで、画質やAF性能における信頼性を大幅に高めたプロ用デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルです。

■低感度から高感度まで幅広いISO感度に対応

新たに開発した約1610万画素のCMOSセンサー(APS-Hサイズ)と、高性能映像エンジンDIGIC 4を2個装備したデュアル DIGIC 4により、常用設定できるISO感度を100~12800まで拡大しており、全域でノイズの少ない美しい画質を実現しています。さらに、感度拡張機能によりISO50~102400まで設定することが可能です。低感度側は明るい野外でのポートレート撮影や大型ストロボを使ったスタジオ撮影などに、高感度側は屋内スポーツやナイトゲーム、夜間の取材現場撮影などに威力を発揮します。

■AF性能の大幅な進化

F2.8対応のクロス測距センサーを39点に配置した総測距点数45点の新開発AFセンサーを搭載することで、被写体の捕捉率とピント合わせの精度を大幅に向上させています。さらに、新アルゴリズム「AIサーボAF II」の採用により、AFの動体に対する安定性と応答性の両立を実現しています。

  • ISO感度は推奨露光指数。

【デジタル一眼レフカメラの市場動向】

昨年のデジタル一眼レフカメラの出荷台数(全世界)は、年末に伸びが鈍化したものの、年間を通した市場は対前年比約24%増の約930万台に達しました。2009年は世界経済の停滞の長期化が懸念されるものの、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約4%増の約970万台と、堅調な成長の継続が見込まれています。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ