ニュースリリース

2010年7月14日

大容量64GBのフラッシュメモリーを内蔵した“iVIS HF M32”など
フルハイビジョン映像が撮影できるデジタルビデオカメラ2機種を発売


キヤノンは、従来機種よりも内蔵フラッシュメモリーの容量を増やし、長時間のフルハイビジョン映像の撮影を可能にしたデジタルビデオカメラ“iVIS(アイビス)”シリーズの新製品2機種を8月上旬から発売します。

iVIS HF M32
iVIS HF M32
iVIS HF M32
iVIS HF M32
  • iVIS HF M32
    オープン価格 (発売日:2010年8月上旬)
  • iVIS HF R11
    オープン価格 (発売日:2010年8月上旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90003

“iVIS HF M32”は、従来機種「iVIS HF M31」(2010年2月発売)の優れた基本性能を受け継ぎながら、内蔵フラッシュメモリーの容量を2倍の64GBに増やし、より長時間の撮影を可能にしたモデルです。また、約389万画素「キヤノン フルHD CMOS」や光学15倍ズームの「キヤノン HDビデオレンズ」など優れた基本性能に加え、タッチパネル方式の液晶モニターやビデオカメラが自動的に最適な設定と画像処理を行う「こだわりオート」など、簡単な操作で高画質なハイビジョン映像の撮影ができる便利な機能を備えています。

■長時間の撮影が可能な64GBのフラッシュメモリーを内蔵

従来機種に比べて内蔵フラッシュメモリーの容量を2倍の64GBに増やすことにより、最長24時間30分※1の撮影を実現しています。また、新たに大容量のSDXCメモリーカードにも対応しており、さらに長時間の撮影も可能です。

■美しい映像を簡単に撮影できる「こだわりオート」や直感的に操作ができるタッチパネル

従来機種で高い評価を得ている「こだわりオート」を搭載しています。31通りの中からビデオカメラが撮影シーンを自動的に判別※2して最適な画像処理を行い、ビデオカメラ任せで、美しい映像を簡単に撮影できます。また、さまざまな操作を直感的に行うことが可能なタッチパネル方式の2.7型液晶モニターを採用しています。画面上で動いている被写体に触れるだけでピントや露出を合わせ続ける「タッチ追尾」や、触れた被写体に素早くピントを合わせて撮影できる「タッチフォーカス」などの操作が可能です。

■広角でも望遠でも効果を発揮する、優れた手ブレ補正機能

歩行中での撮影時に発生しやすい広角側での大きなブレを抑える「ダイナミックモード」や、ビデオカメラの小さな揺れが映像の大きなブレになりやすい望遠側での手ブレ抑制に効果のある「パワードIS」を搭載しています。

  • ※1LPモード時。記録時間が連続で12時間を超えた場合、自動停止後に記録を自動的に再開。
  • ※2撮影状況によっては、意図した通りにシーンを認識しない場合があります。

【デジタルビデオカメラの市場動向】

昨年のデジタルビデオカメラの出荷台数(全世界)は、一昨年後半に始まった米国発の景気減速の影響を受け、対前年比約15%減の約1,300万台でした。2010年は、回復の兆しが見えてきた地域も一部にあるものの、全世界の市場は、前年と同等の約1,300万台になると予想されます。国内では2009年から回復の基調が見え始め、2010年もそれが維持されると思われます。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ