ニュースリリース

2010年9月15日

「HS SYSTEM」を搭載したフラッグシップモデル“PowerShot G12”など
コンパクトデジタルカメラPowerShotシリーズの新製品2機種を発売


キヤノンは、ハイアマチュア向けの“PowerShot G12”など、デジタルカメラPowerShotシリーズの新製品2機種を10月7日に発売します。

PowerShot G12
PowerShot G12
  • PowerShot G12
    オープン価格 (発売日:2010年10月7日)
  • PowerShot SX30 IS
    オープン価格 (発売日:2010年10月7日)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90005

“PowerShot G12”は、本格的なマニュアル撮影機能や拡張性を備えた「G11」(2009年10月発売)の後継機として、優れた基本性能を受け継ぎつつ、静止画・動画のさらなる高画質化を実現するために機能や性能を高め、操作性を向上させたフラッグシップモデルです。

■ 暗いシーンでも美しい写真が撮影できる「HS SYSTEM」など、さらなる高画質化を実現

ノイズの発生が少ない高感度センサーと、高い処理能力を誇るキヤノン独自の映像エンジン「DIGIC」を組み合わせた「HS SYSTEM」を採用しています。夜景や室内などの暗いシーンで、手ブレ・被写体ブレやノイズを抑え、フラッシュや三脚を使わない手持ちでも、その場の雰囲気を生かした写真を撮影できます。また、ノイズリダクションテクノロジーのアルゴリズムを見直し、高感度撮影時の解像感をさらに向上させています。さらに、シフトブレを補正するハイブリッドISや、暗部補正・ダイナミックレンジ補正の個別設定機能などを新たに採用しています。

■ 本格的なマニュアル撮影を実現する優れた操作性と拡張性

一眼レフカメラのように、新たにグリップ部に電子ダイヤルを設けることで、グリップから手を離さずに素早く設定の切り替えができる、優れた操作性を実現しています。また、撮影の自由度を高めるバリアングル式の液晶モニターを備えています。さらに、スピードライトなどのEOSシリーズ用のアクセサリーに加え、新たに“フィルターアダプター FA-DC58B”(別売)を設定し、EFレンズ用のフィルター(58mm径)にも対応するなど、優れた拡張性を備えています。

■ ハイビジョン動画撮影機能

高精細な1,280×720画素(24フレーム/秒)のHD動画撮影機能を搭載しました。ステレオ音声記録に対応しているため、臨場感あふれる動画を撮ることができます。

【コンパクトデジタルカメラの市場動向】

2009年のコンパクトデジタルカメラの出荷台数(全世界)は、2008年後半に始まった景気減速の影響を受け、対前年比約8%減の約1億500万台にとどまりました。2010年は対前年比約5%増の約1億1,000万台程度になることが予想されます。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ