ニュースリリース

2011年1月19日

キヤノンの業務用HDビデオカメラで最も小さくて軽い
フルハイビジョン映像をAVCHD方式で記録する“XA10”を発売


キヤノンは、キヤノンの業務用HDビデオカメラで最小・最軽量のボディーを実現した新製品“XA10”を3月中旬から発売します。

XA10
XA10
  • XA10
    オープン価格 (発売日:2011年3月中旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90004

“XA10”は、業務用上位モデルに採用している高性能なCMOSセンサー「HD CMOS PRO」や、光学10倍ズームレンズを搭載しつつ、小型のボディーと、着脱可能なハンドルの採用により、高画質と優れた機動性の両立を実現したモデルです。

■優れた画質とキヤノンの業務用ビデオカメラで最小・最軽量のボディー

上位機である「XF105」と同じ「HD CMOS PRO」(1/3型、有効画素数約207万画素)や、広角30.4mm相当からの光学10倍ズーム「キヤノン HDビデオレンズ」、高画質な画像処理が可能な映像エンジン「DIGIC DV Ⅲ」を搭載しています。ズームと手ブレ補正のレンズ群の3次元での同時制御などによる鏡筒全体の小型化に加え、SD/SDHC/SDXCメモリーカードの採用や、高密度実装技術により、民生用ビデオカメラと同等のコンパクトで軽量なボディーと高画質の両立を実現しています。さらに、ハンドルを着脱可能にすることで一段と機動性を高めています。

  • 35mmフィルム換算。

■汎用性が高いAVCHD規格に対応

記録方式はAVCHDを採用しており、同規格最高記録レートにあたる24Mbpsでの高画質な映像記録が可能です。AVCHDは民生機にも採用され、多くの動画編集用ソフトウエアが対応しているなど汎用性が高いことから、業務用ビデオカメラを手軽に導入したい制作現場にも便利です。

■プロのニーズに応える優れた操作性

ボタンやダイヤル、端子類の機能的な配置に加え、画面を指でなぞるだけで各種の操作ができるタッチパネル方式の液晶モニターを採用することで、高い操作性を実現しています。

【業務用HDビデオカメラの市場動向】

放送やテレビのハイビジョン化が広まり、大画面で高精細な映像を鑑賞する機会が増える中、映像コンテンツの制作現場では、高画質化に加え、さまざまなシーンでの撮影が可能な機動力の高い撮影機材が求められています。今回発売する“XA10”は、キヤノンの業務用HDビデオカメラで最小・最軽量なボディーを実現するとともに、民生機にも採用され、汎用性の高いAVCHD方式を採用しています。これにより、機動力を求めるプロのサブカメラとしての用途から、映像制作を趣味とするハイアマチュアまで、幅広いユーザーのニーズに応えます。

戻る

このページのトップへ