ニュースリリース

2011年10月19日

コンパクトでスタイリッシュなADF搭載スキャナー
“imageFORMULA DR-P215”を新発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、コンパクトでスタイリッシュなボディにADF(自動原稿送り装置)を搭載したドキュメントスキャナー“imageFORMULA(イメージフォーミュラ) DR-P215”を10月27日に発売します。

imageFORMULA DR-P215
imageFORMULA DR-P215
  • imageFORMULA DR-P215
    オープン価格 (発売日:10月27日)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90072

■コンパクトでスタイリッシュなボディ

新製品“DR-P215”は、幅285mm・奥行き95mm・高さ40mm、重さ約1kgの軽量・コンパクトボディと、丸みを帯びた直方体のスタイリッシュなデザインを実現しながら、ADF※1を搭載しています。手軽に持ち運んで文書をスキャンし、使用後は机の引き出しなどに収納することができます。

■USBバスパワー駆動を実現

USBバスパワーによる電源駆動を実現しており、USB2.0対応のケーブル1本ではカラー毎分10枚、モノクロ毎分12枚※2の速度でスキャンできます。また、USB3.0のケーブル1本あるいは、USB2.0のケーブル2本、USB2.0のケーブル1本とACアダプター(別売)のいずれかの組み合わせで使用すれば、カラー毎分10枚、モノクロ毎分15枚※2で読み取ることが可能です。

■ワンプッシュで簡単スキャン、クラウドサービスと連携

名刺サイズからA4サイズの原稿や、白黒とカラー、白紙の混在した原稿などを、給紙トレイにセットしワンプッシュするだけで簡単にスキャンできます。原稿の両面を同時に読み取る「1パス両面スキャン」や「斜行補正」「白紙スキップ」「文字向き検知」などの画像補正機能により、簡単に効率良く文書を電子化できます。スキャンデータをクラウド型ウェブサービスのオンラインメモツール「Evernote」やオンラインオフィスソフト「Googleドキュメント」に取り込み、スマートフォンやタブレット端末などで自由に活用することが可能です。

  • ※1Auto Document Feederの略で、複数枚の原稿を自動的に給紙する機構である自動原稿送り装置のこと。
  • ※2カラー・モノクロいずれもA4サイズの片面原稿を、縦方向に読み取り解像度200dpiでスキャンした場合。

【ドキュメントスキャナーの国内市場動向】

ドキュメントスキャナーの国内市場は堅調に拡大しており、なかでも価格帯が5万円以下の個人ユーザー向け需要が急速に伸びています。紙文書の電子化ニーズは一般オフィスからSOHO、店舗、家庭まで広がってきており、紙文書を高速で読み取るスキャナーの用途が増えるにつれ、クラウドサービスとの連携などスキャナーの新しい用途が生まれつつあります。(キヤノンMJ調べ)

戻る

このページのトップへ