ニュースリリース

2011年11月24日

複合機用アプリケーションソフトの新製品2モデルを発売
“えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE”
“サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE”


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、複合機用アプリケーションソフトの新製品として、“えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE”と“サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE”の2モデルを、2012年1月中旬より順次発売します。

えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE
えらんでマイプリント
for MEAP ADVANCE
サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE
サーバーレス Anyplace Print
for MEAP ADVANCE
  • えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE
    価格(税別)4万円 (発売日:2012年1月中旬)
  • サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE
    オープン価格(発売日:2012年1月下旬)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90056

キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE」は、革新的なアプリケーションプラットフォームである「MEAP ADVANCE」により、認証やセキュアプリントといったオフィス内のシステム連携から、ERPやECMとの基幹システム連携、「Microsoft SharePoint Online」や「Googleドキュメント」とのクラウドサービス連携など、その活用の幅を広げています。
このたび新たに、企業に課題でもある「コスト削減」と「セキュリティ強化」を実現するプリンティングソリューション2モデルを、シリーズのラインアップに加えます。

■留め置き印刷でミスプリントを防ぐ“えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE”

新製品“えらんでマイプリント for MEAP ADVANCE”を導入すれば、印刷ジョブを一旦複合機の中に保存し、複合機のタッチパネル画面上で印刷設定を確認しながら、必要なジョブだけを印刷することができます。この留め置き印刷を活用することにより、放置プリントやミスプリントなどで発生していた無駄な印刷コストを削減することができます。

■任意の複合機で印刷できる“サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE”

新製品“サーバーレス Anyplace Print for MEAP ADVANCE”は、プリントサーバーがなくても、ネットワークに繋がっている事業所内の複合機であれば、どこからでも印刷できるシステムです。従来の「どこでも印刷システム」で必須だった専用の書誌情報サーバーや仮想プリントサーバーが不要なので、サーバーの導入費用や運用管理コストを省けます。

キヤノンMJは、今後も複合機などの事務機とITシステム、クラウドサービスなどを連携させる「MEAP ADVANCE」戦略を加速させていきます。

戻る

このページのトップへ