ニュースリリース

2011年11月10日

新設計のレンズ・独自開発のCMOSセンサー・最新の映像エンジンを採用
さらなる高画質を実現したデジタルカメラ“PowerShot S100”を発売


キヤノンは、新設計のレンズや、デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITALシリーズ」で培った技術を用いて開発したCMOSセンサー、最新の映像エンジン「DIGIC 5」を採用し、従来のキヤノン製コンパクトデジタルカメラと比べて、大幅な低ノイズ化や高感度化、ホワイトバランスの高精度化を図るなど、さらなる高画質化を実現するとともに、GPS機能を搭載したデジタルカメラの新製品“PowerShot S100”を、12月上旬より発売します。

PowerShot S100
PowerShot S100
  • PowerShot S100
    オープン価格 (発売日:2011年12月上旬)

最新の製品はキヤノンパーソナル向けショールームにて展示しております。

この件に関するお問い合わせ先
キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90005

“PowerShot S100”は、従来機種「S95」(2010年8月発売)から、さらに画質や性能の向上を図り、小型で高性能なマニュアル機を求めるユーザーの満足度を一段と高めた後継モデルです。

■ レンズ・イメージセンサー・映像エンジンを一新し、さらなる高画質化を実現

開放絞り値F2.0(広角端)はそのままに、広角化と高倍率化を図った新設計の光学5倍ズームレンズ(24-120mm相当※1/F2.0-F5.9)を搭載しています。また、デジタル一眼レフカメラ「EOS DIGITALシリーズ」で培った技術を用いて新たに開発した、高感度時にもノイズの発生が少ないキヤノン製CMOSセンサーを採用しています。さらに、ノイズ低減処理の新しいアルゴリズムを採り入れ、さらなる高画質化・高性能化を図った最新の映像エンジン「DIGIC 5」を搭載しています。これにより、高感度なイメージセンサーと映像エンジンを組み合わせた「HS SYSTEM」は、従来機種と比べてノイズ発生のレベルを約1/4※2に抑えるとともに、さらなる高感度化を実現しており、常用感度をISO6400まで高めるなど、暗いシーンでもより一段と美しい写真を撮ることができます。さらに、「マルチエリアホワイトバランス」により、ストロボ光下や水銀灯の混ざった光源下でも適切なホワイトバランスで撮影することができます。

■ 撮影地点の位置情報を自動的に記録するGPS機能を搭載

撮影した画像に、撮影地点の位置情報(緯度・経度)を自動的に記録できます。また、一定間隔で自動的に測位を行う「ロガー機能」も備えています。付属のソフトウエアとインターネット上の地図情報とを組み合わせれば、撮影地点や移動行程を簡単に確認することができます。

  • ※135mmフィルム換算。
  • ※2ISO1600での撮影時において、ノイズの発生が従来機種のISO400でのレベルに相当(キヤノン測定方法に基づく)

戻る

このページのトップへ