MR(Mixed Reality)について 動画の内容をテキストでご紹介

MRシステムとは

図:MRの仕組みMR(Mixed Reality:複合現実感)とは、現実世界と仮想情報(CG)をリアルタイム且つシームレスに融合させる映像情報処理技術です。
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着すると、ヘッドマウントディスプレイ内のカメラから入力された現実空間の映像に、コンピューター側のCG映像を融合し、ヘッドマウントディスプレイに表示することで、違和感なく重ね合わせた映像(MR世界)を見ることができます。 これにより、CGが「見える」だけでなく、あたかもそこに「ある」かのように見えます。

キヤノンのMRシステムの特長

キヤノンのMRシステムの特長は3つあります。

実寸大の臨場感

写真:実寸大の臨場感体感例(イメージ)一つ目は、実寸大の臨場感です。
例えば簡易的なモックアップでも、実寸大のCGを重ね合わせることにより、実機さながらに体感することが可能です。

使用者の自由な視点に追従

写真:使用者の自由な視点に追従する使用例(イメージ)二つ目の特長はユーザーの自由な視点に追従することです。
キヤノンが長年培った画像処理技術で高精度かつ高速に、現実空間とCGの位置を合わせることができます。ユーザーの視点にリアルタイムに追従してCGを合成できるため、360°、観る位置を選ばない自由な視点からの観察を可能にします。

インタラクティブな体感

写真:MRシステムを活用し、インタラクティブにCGの映像を操作する使用例(イメージ)三つ目の特長は、インタラクティブな体感を実現していることです。 例えば、MRシステムでCGを操作した内容を、設計データにそのまま反映させることができます。 現実と仮想が相互に作用することで表現力が高まり、直観的な判断がコミュニケーションを加速させます。 新たなプレゼンテーションツールとしても期待できます。
製品の設計時にMRシステムを活用することにより、設計の早期段階で、3D-CADのデータを活用した各種シミュレーションが可能です。実寸大のCG映像を体感でき、開発部門と生産部門など離れた部署間でも製品イメージを直感的に共有することができるため、関係者間の素早い判断を促し、開発時間の短縮やコストの削減に貢献します。

生産分野における活用事例

写真:MRシステムを活用し、工場で生産ラインのシミュレーションを行う使用例(イメージ)設計・製造分野以外にも、MRシステムを活用することが可能です。 例えば生産現場では、生産設備の配置前に工場内の最適なレイアウトをシミュレーションし、作業の効率性や安全性を検証できます。
キヤノンのMRシステムは、製品の開発・生産工程を革新します。

キヤノンのMRシステムの活用の拡がり

写真:MRシステムを活用し、外科手術のシュミレーションなど医療教育で使用する例(イメージ)製造業以外の分野への活用も可能です。
例えば、博物館における化石の復元や美術館での遺跡の復元などの教育分野への応用も可能です。
また将来的には、外科手術のシミュレーションなどの医療教育やエンターテインメントなど、人々の産業・仕事・暮らしに関わる幅広い分野への展開を検討していきます。

戻る

このページのトップへ