ニュースリリース

2013年3月28日

4つのオート機能を搭載し、操作性を向上した
無散瞳型デジタル眼底カメラ“CR-2 Plus AF”を発売


キヤノンは、無散瞳型デジタル眼底カメラの新製品として、オートフォーカスやオートショットなどの4つのオート機能を搭載し、操作性が向上した“CR-2 Plus AF”を5月1日より発売します。

CR-2 Plus AF
CR-2 Plus AF
CR-2 Plus AF 使用イメージ
CR-2 Plus AF 使用イメージ
  • CR-2 Plus AF
    価格(税別)350万円 (発売日:2013年5月1日)
この件に関するお問い合わせ先
キヤノンライフケアソリューションズ株式会社
ヘルスケアソリューション販売推進本部
TEL:03-3814-8229(直通)

“CR-2 Plus AF”は、散瞳剤(瞳孔を開く点眼剤)を使用しない無散瞳型デジタル眼底カメラの新製品で、専用のデジタル一眼レフカメラを搭載することで高画質と小型軽量化を両立し、市場で好評を得ている「CR-2 Plus」(2011年10月発売)の後継機種です。今回の新製品は、高速のオートフォーカス、オートショットなど4つのオート機能を搭載し、簡単な操作で高画質な眼底画像を撮影することができます。また、従来機種同様、網膜疾患の観察や診療に有用なFAF(眼底自発蛍光)撮影機能を標準搭載し、検診だけでなく診療を中心に行う眼科クリニックや一般病院での導入を想定しています。

■ 眼底撮影を容易にする4つのオート機能を搭載

観察時の前眼部観察から眼底観察への自動切り替え機能、焦点を自動で合わせるオートフォーカス機能、適正な位置とタイミングで撮影を自動に行うオートショット機能を新たに搭載しました。この3つの新しいオート機能と、従来機種にも搭載している観察・撮影時の自動露出機能を加えた4つのオート機能により眼底撮影をサポートし、より簡単に高画質な眼底画像を取得することが可能です。また、4つのオート機能により検査時間を短縮でき、被検者の負担を減らします。

■ 網膜疾患の観察や診療に有用なFAF(眼底自発蛍光)撮影機能を搭載

FAF撮影は、造影剤を被検者に投与せずに眼底自体が発する蛍光を観察するため、被検者に負担の少ない検査です。また、失明の原因となる加齢黄斑変性の病態や治療効果の確認に有用とされているほか、網膜疾患の診療に役立つことが期待されています。
“CR-2 Plus AF”のFAF撮影機能は、新たに搭載したオート機能により操作性が向上したことに加え、白内障により水晶体が濁ってコントラストが低下している場合でも、最適なコントラストに調整した画像を得ることができます。

  • 国内市場では、キヤノンマーケティングジャパングループの医療事業の中核企業であるキヤノンライフケアソリューションズが、主体となって販売します。

【眼底カメラの市場動向】

画像処理や通信など、デジタル技術が急激な進歩を遂げる中、正確で迅速な処置が求められる医療機関においては、患者の医療データを効率良く一元管理できる電子カルテや、ネットワークを介した遠隔診断システムの導入など、さまざまな分野においてデジタル化が進んでいます。
眼底カメラもデジタル化が進展しており、医療機関からはデジタルならではの利便性と高画質の両立が強く求められています。(キヤノン調べ)

戻る

このページのトップへ