ニュースリリース
2013年10月30日
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

米国3D SYSTEMS社製の産業用立体造形装置を発売


キヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:川崎正己、以下キヤノンMJ)は、米国3D SYSTEMS(スリーディー・システムズ)社(3D SYSTEMS, Inc.、President & CEO:Mr.Avi N.Reichental)製の産業用立体造形装置の販売を11月1日より開始します。

金属粉末造形装置“Phenix Systems PXL”

発売情報

3D SYSTEMS社製産業用立体造形装置

価格
3千万円~1億2千万円(税別)
  • 機種および装置構成により価格は異なります。
販売開始
時期
11月1日

おもな特長

産業用立体造形装置は、材料を薄く敷き詰めて任意の形状に硬化し、その上にさらに材料を薄く敷き詰めて任意の部分を硬化するという工程を繰り返すことで、積層的に立体造形を行う装置です。樹脂溶液を用いる光造形と、石膏やセラミックなどの粉末を用いる粉末造形、粉末造形の一種で金属粉末を用いる金属粉末造形の3つに大別されます。
キヤノンMJは、このほど3D SYSTEMS社と同社製産業用立体造形装置の国内販売契約を締結し、光造形装置の“iPro 8000/9000” および“ProJet 6000/7000”、粉末造形装置の“sPro 60/140/230”、金属粉末造形装置の“Phenix Systems PXL/PXM/PXS”および“sPro Direct Metal Systems”の計11機種の販売を開始します。金属粉末造形装置“Phenix Systems PXL/PXM/PXS”については、キヤノンMJが国内初の販売代理店として国内市場に投入します。

3D SYSTEMS社製産業用立体造形装置の特長

3D SYSTEMS社は、光造形装置と粉末造形装置、3Dプリンターの事業を展開しており、装置本体から材料、ソフトウエアまで一貫したシステムとして提供しています。世界80カ国以上のグローバルな販売、サポート体制を構築しており、産業用途として不可欠な生産性、加工精度、繰り返し再現性において世界最高クラスの品質と豊富な導入実績を有しています。

発売の背景と目的

キヤノンMJは、2011年より開始した5カ年計画「長期経営構想フェーズII」の多角化戦略において産業機器事業の強化を掲げ、世界の優れた製品の販売を強化しています。今後需要の伸びが期待されている自動車・航空宇宙・ロボット産業、エレクトロニクス、バイオ・医療・歯科業界など広範な分野をターゲットに立体造形装置を販売していきます。従来から取り扱っている産業用装置や測定機器と組み合せたソリューション提案に加え、光造形装置および金属粉末造形装置の旗艦モデルをデモルームに展示し、デモンストレーションや実機評価の機会を提供します。また、装置販売やソリューション提案だけでなく、納入後の技術サポートとフィールドサービスを手掛けることで、産業用立体造形装置のマーケットの裾野を拡大していきます。

産業用立体造形装置の国内市場動向

サブトラクティブ(減法)技術と呼ばれる、材料のかたまりを切削工具などで削っていくことで任意の形状を実現する従来手法では、材料の多くが無駄になることに加え、工作機械の動作上の制約から複雑な形状は実現できません。これに比べ、アディティブマニュファクチャリング(付加的製法)と呼ばれる立体造形装置では、従来手法では困難であった複雑な形状を低コストかつスピーディーに製造できるという特長があります。このためさまざまな産業分野において、意匠確認モデルや試作品、金型、生産工具、製品設計から最終製品の製造まで幅広く活用されています。また、補聴器や歯の詰め物など、利用者一人一人に合わせたオーダーメード製品を低価格かつ短納期で製造できるメリットから、歯科・医療機器などの分野でも幅広く活用されています。

商品紹介ページ

デモンストレーションルームにて展示を行っています。デモンストレーションルーム

この件に関するお問い合せ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 プロセス機器営業部 販売第一課

電話番号
03-3740-3399(直通)
戻る
このページのトップへ