ニュースリリース
2013年11月18日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

片面・両面同速プリントを実現し、生産性が向上
A3対応モノクロレーザープリンター“Satera LBP8730i”など6機種を発売


キヤノンは、オフィス向け(中・大企業向け)のレーザープリンターの新製品として、A3対応モノクロ機の“Satera LBP8730i/8720/8710/8710e”、A3対応カラー機の“Satera LBP9660Ci/9520C”の合計6機種を、2013年11月下旬より発売します。

Satera LBP8730i

動画コンテンツは、JavaScriptを「有効」にし、最新のFlash Playerをインストールすることによって、お楽しみいただくことができます。ご覧いただく場合は、以下のとおり設定してください。

発売情報

Satera LBP8730i

本体標準
価格
148,000円(税別)
発売日
2013年11月下旬

Satera LBP8720

本体標準
価格
128,000円(税別)
発売日
2013年11月下旬

Satera LBP8710

本体標準
価格
108,000円(税別)
発売日
2013年11月下旬

Satera LBP8710e

本体標準
価格
オープン価格
発売日
2013年11月下旬

Satera LBP9660Ci

本体標準
価格
208,000円(税別)
発売日
2013年11月下旬

Satera LBP9520C

本体標準
価格
178,000円(税別)
発売日
2013年11月下旬

おもな特長

新製品“Satera LBP8730i/8720/8710/8710e”は、高生産性と低消費電力の両立を実現したA3対応モノクロレーザープリンターです。両面印刷機能を標準搭載した“Satera LBP8730i/8720/8710”の3機種のほか、片面専用機の“Satera LBP8710e”と、ラインアップを拡充しながら用紙対応力を強化し、幅広い出力業務に対応します。

高生産性と低消費電力を両立

新製品“Satera LBP8730i/8720/8710”は両面印刷機能を標準搭載し、さらに片面印刷と同じ速度で両面印刷できる同速プリントを実現しています。また“Satera LBP8730i”は、従来機種「Satera LBP8630」(2010年1月発売)に比べ、毎分37枚から毎分40枚(いずれもA4)へとさらなる高速出力を実現しています。これに加え、スリープ時消費電力が約0.9Wと従来機種の約1/4まで削減するなど、高生産性と低消費電力を両立しています。

幅広い業務用途に対応

最小幅76.2mmから長尺紙(297×1,200mm)まで用紙対応力を強化しており、帳票・自治体・医療機関などで使われる定形外サイズの用紙にも幅広く対応し、業務出力をサポートします。また、標準装備の給紙カセット(250枚)と手差しトレイ(100枚)に加え、オプションのカセット(550枚)を最大3段装着することで、最大2,000枚の給紙が可能です。

レーザープリンターの市場動向

カラーレーザープリンターの市場規模は、2012年においては世界市場で約297万台、国内市場で約24万台でした。2013年においては、世界市場で約307万台、国内市場では約21.3万台と予想しています。また、モノクロレーザープリンターの市場規模は、2012年においては世界市場で約1,709万台、国内市場で約50万台でした。2013年においては、世界市場で約1,715万台、国内市場では約49.5万台と予想しています。(キヤノン調べ)

この件に関するお問い合せ先

キヤノンお客様相談センター

電話番号
050-555-90061
戻る
このページのトップへ